mobile ver.

台湾の天仁喫茶趣でモーニングあれ?cha FOR TEAって
(2013-07-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★お茶にこだわったモーニングメニュー
★セットよりもお茶単品の方が高い!
★このお店って昔、名古屋にあったよね?

※追記:「cha FOR TEA」は再び2013(H25)年11月18日に名古屋へと再進出を果たしています。(伏見の名古屋インターシティ)

 前回このコーナーでは、あの名古屋の「スガキヤ」が、台湾全土に進出しているということで、飛行機に乗って台湾まで食べに来たわけですけれども、それだけで帰るのはもったいないということで数日間滞在することにしました。

 目的のスガキヤを消化してしまったので、名古屋と台湾の共通点...と次の話題探し。そうだ、名古屋といえばモーニング。もちろん、台湾に名古屋式モーニングサービスがあるわけはないのですが、台湾の喫茶のモーニングセットを体感してみよう!ということで、朝早くから営業している喫茶店へと向かいます。

 やってきましたのは、MRT文山線の南京東路駅からすぐのところにあります「天仁喫茶趣・復興店」です。

写真

お茶なんだけどモダンな店内装飾

 この天仁喫茶趣は、台湾で有名な茶葉販売店「天仁茗茶」の系列店でして、つまり、お茶メーカーがその味を味わってもらうためのカフェスタイルの喫茶店です。名古屋で例えるならば、ポッカがやっているカフェドクリエ、といったところでしょうか。

写真

 まさに店内はクリエかスタバかという感じで、喫茶店というよりはカフェですね。でもやはりお茶がメインということもあってか、店内の雰囲気は落ち着いていて、何より茶葉の香りに癒されますね。

 営業は朝7時半から夜11時まで。朝早くからやってるところも、名古屋っぽいですね。出勤前のビジネスマンが、ここでお茶とモーニングセットをいただいて出勤!といった感じでしょうか。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET