mobile ver.

飛行機に乗ってスガキヤに食べに行く!台湾の壽賀喜屋
(2013-06-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

★東京からは消えたけど海の向こうにはある
★スガキヤ小丸子ラーメンって何だ?
★昔のスガキヤのようであらゆる要素が懐かしい!

 名古屋で人気のラーメンチェーン店といえば、誰もが幼い頃から親しんできた、「何か」と、とんこつが融合している「スガキヤラーメン」ですよね。スガキヤにはインスタントラーメン製造部門と外食部門があり、今はそれぞれ「寿がきや食品」「スガキコシステムズ」と別会社になっています。

 インスタントラーメンは全国各地で販売されている一方で、名古屋っ子が子どもの頃から親しんでいる外食店舗は、首都圏への進出に何度もチャレンジしてきたにもかかわらず、今では関東には1店舗もなく、中部・関西エリアのローカルチェーンに留まっています。

 しかしそんな、スガキヤが、海の向こうにあると聞き、行ってきました飛行機で!

写真

台湾に23店舗もある!

 中部空港セントレアから台湾の桃園国際空港へは3時間ちょっと。将来的には空港から直接MRT(地下鉄)で台北へ出られるようになる予定ですが、現在はバスで1時間弱にて、台北駅へとまず向かいます。

 実はスガキヤは台湾に23店舗もあり、北は台北市から南は屏東県(へいとうけん)まで、なんと台湾全土をカバーしています。日本ではわずかな地域での出店に留まっている一方で、台湾では全国進出を果たしているのです。台湾の人の口に合うということでしょうか。

 ですので、空港のある桃園県にもスガキヤはあるのですが、とりあえず台北駅に来てしまったので、台北のお店に行ってみます。台北には2店舗。そのうち台北駅から一番近いお店へは、MRT淡水線で民権西路駅へ、そして新荘線に乗り換えて大橋頭駅へ。そこから歩きます。

写真

 この大橋頭駅、2010(H22)年11月に開業した新しい路線、新しい駅で...深いです。ホームから地上に出るのにかなり時間がかかりました。このあたりは繁華街というわけでもないのか、平日昼間ということもあってか、人影はまばら。地上に出ても人通りは少なかったです。どこか日本の高度経済成長の時代のような、初めて来たのに懐かしい街並みを南へ8分ほど歩くと、見慣れたキャラクターの看板が。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET