mobile ver.

飲み込まれた宿場町でとっておきの桜エビ-由比
(2010-11-21)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★馬の水呑み場に登録有形文化財
★旧東海道には広重美術館
★桜エビのかきあげサックサク!

 トッピーネットでは以前、崖と荒波に挟まれ、旧東海道の難所とよばれ、今も細い海岸線に国道1号と高速道路、鉄道の線路がひしめき合い、パーキングエリアさえ縦列駐車のスペースしか確保できないという「由比」をご紹介したことがありました。

「挟まれたのは崖と荒波だけじゃなかった−静岡・由比町」

♪ふじのふじのみや〜ごてんばあさんおって〜(略)〜
♪いはら うはら すそのにおりてきて〜

 当時は、平成の大合併いう荒波にも踏ん張り、両側が合併によって静岡市清水区となり、飛び地となってまでも庵原郡由比町として存在していたのですが、とうとう、その荒波に飲み込まれ、2年前に由比町は静岡市清水区由比となり、由比町はもちろん、庵原郡も消滅してしまいました。

 そんな由比は桜エビの名産地。かつての宿場町風情を楽しんで、桜エビ料理をいただいてきました。

写真

宿場町に大正ロマン?

 東名高速と並走する国道1号線から、まるで脇道に入るかのような角度で交差点から進入すると、そこに由比の街並みが広がります。東海道本線の由比駅前あたりから分岐する、現在は県道370号線となっている旧東海道を歩いていき、由比川にかかる橋を越えると、かつての宿場町区域に入り、当時を思い起こさせる風景が広がります。

 と、言いたいところなのですが、まず目に付いたのが銀行です。銀行といっても戦前を思い起こさせるような建物です。

 それは清水銀行由比支店・本町特別出張所。ここは今でこそ出張所という扱いになっていますが、1900(M33)年創業の庚子銀行本店として、1925(T14)年に完成したものなのです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET