mobile ver.

食事とデザート県境越えて...豊橋カレーうどんとアレ
(2010-08-25)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★力の入れ方が尋常じゃない豊橋カレーうどん
★この味はデザートに甘いものが欲しくなる...
★そんなときは県境を越えて浜松のあのスイーツを!

「豊橋でカレーうどんがすごいことになっている」

 私がそれを初めて知ったのは、今は無きテレビ愛知のローカルニュース番組「FINEアイ」でした。それ以降、他の在名テレビ局、さらには全国ネットの番組でも取り上げられるようになり、急速に知名度をアップした「豊橋カレーうどん」。

 これは食べてみたい!ということで、豊橋へと急行しました。

写真

とことん迷わせる豊橋カレーうどん

 豊橋カレーうどんには細かな定義がありまして、一見、画一的なようで全然そうではないのが迷うところなのです。

 と言いますのも、このプロジェクトには現在、豊橋市内のうどん店「43店」が参加していまして、あるお店は豊橋らしく「ちくわ」が入っていたり、あるお店はひき肉を使っていたり、そしてまたあるお店はこれまたこの地区らしい大葉と油揚げが入っていたりと、どのお店もアレンジのオリジナリティが溢れまくりで、どこで食べようか、本気で迷ってしまうのです。

 しかもです。この豊橋カレーうどんがスタートしたのは今年の4月。スタート当初の参加店は40。「カレーうどん」という統一メニューでありながら、オリジナリティを加えたものを、同時に40のお店がスタートするなんて、この結束力のすごさは半端ではありません。

「ある日突然、豊橋はカレーうどんの街に生まれ変わった。」

 そう言っても、過言ではないのです。しかもそれは、街ぐるみで用意周到に...。

写真

 豊橋観光コンベンション協会の「豊橋カレーうどん特集」ページには、43店舗それぞれの特徴が全て掲載されていて、悩みました。

 ところで、その、豊橋カレーうどんの定義とは...。

1.自家製麺を使用する
2.器の底から、ご飯・とろろ・カレーうどんの順に盛ってある
3.豊橋産ウズラ卵を使用する
4.福神漬又は壺漬を添える
5.愛情を持って作る

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET