mobile ver.

名古屋めしと...(12)−喫茶店のメニューにあんこ?
(2006-08-21)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

あんこの単品って...!?

「小倉あん...100円」

 ここは甘味処だっただろうか。私はその張り紙を見て、我を失ってしまった。私は一生懸命冷静を保とうとした。落ち着けと自分に言い聞かせ、ようやく自分が今置かれている状況を思い出し始めた。目の前に座っているのは間違っても女の子には見えないオジサンである。まさかこのオジサンと二人で甘味処などに入るわけが無い。そうだ打合せだ。仕事の打合せ中だった。打合せといえばそう、ここはコメダ珈琲である。張り紙を見てから数十秒、ようやく私は自分が喫茶店にいることを思い出した。

 それを思い出すと同時に、私はとてつもない不条理を感じていた。張り紙を見直す。間違いなくそこには「小倉あん」と書かれている。あんこである。白玉あずきでも宇治金時でもない、あんこの単品である。確かに名古屋っ子はあんこが好きである。だからといってコーヒーのおつまみにいくらなんでもあんこは無いだろう...なぁ。私は自分にそう問いかける。名古屋についていろいろと学んできたつもりであったが、まさかあんこをペロペロしながらコーヒーを飲むという文化が名古屋にあるというのか。いくらなんでもそれは認めたくない。だとしたらあんこの単品は一体何のために存在するのか。私はもう気が気ではなかった。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET