mobile ver.

名古屋めしと...(5)−出会いが肝心
(2006-06-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

「とんかつの赤味噌がけ」とは言わない

 特徴的な名古屋メニューのなかで、特に他の地方から驚かれるメニューのひとつが「みそかつ」である。とんかつ自体は全国どこでも食べられているメニューであり、普通はとんかつにソースなどをかけ、時にはからしをトッピングする。しかし名古屋ではソースではなく、とんかつに赤味噌ベースのタレをかける、それがみそかつである。

 軽く言ってしまえば、とんかつのソースが赤味噌に変わっただけの食べ物と言えるかもしれない。たとえば天ぷらは、天つゆで食べる場合と塩で食べる場合がある。それをわざわざ「天つゆ天ぷら」「塩天ぷら」などと言ってメニューをわけるだろうか。そんなことはない。しかしとんかつの場合は「ソースとんかつ」と「みそかつ」とで全く違うメニューかのような扱いになる。これは偏に、そのビジュアルと味が、ソースと赤味噌では全く異なるからだろうか。確かにその色は、味噌煮込みうどんと同様に名古屋っ子以外には食べ物としてなかなか受け入れにくいものがある。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET