mobile ver.

変わり行く常滑で変わらないラーメン−競艇らーめん
(2009-01-02)

< ページ移動: 1 2 3 >

 2005(H17)年の中部国際空港開港により、大きくイメージを変えた常滑。常滑の変貌はそれだけにとどまらず、現在も進行形で街は変わりつつあります。そんな常滑の街で昔ながらでありながら、変わった中華そばを出すお店があると聞き、地元の方の案内で訪れました。

 お店の名は「イトウ」。しかし店先に架かっている暖簾には「競艇らーめん」の文字。味も器も、そして呼び名もユニークなラーメンとは一体どんなものなのか、楽しみです。

 そして食べてビックリ、普通の中華そばとは全く違う味わいのものでした。

写真

どうして?競艇らーめん

 お店に入りますと、一見普通の食堂のようなのですが、メニューの豊富さに驚くとともに、実はここが手打ちうどん屋さんであることに驚きます。「競艇らーめん」という暖簾なのに、うどん屋さんなの?

 イトウは、もともと手打ちうどん店として開店したのですが、常滑競艇場にもお店を出したことをきっかけに、競艇らーめんが登場したとのこと。

 このお店も、競艇場に近いこともあってか、店内には競艇選手のサインがずらり。さらに西川きよしさんのサインも。そういえば、きよしさんの相方といえば故・横山やすしさん。やすしさんといえば競艇ですものね。

写真

まねき猫...じゃない

 案内してくださった方によりますと、かつ丼も絶品とのことだったのですが、ここはやはり名物の競艇ラーメンを注文です。

 驚いたのはお店の方の掛け声。「競艇ラーメン3つ」と言うと、「はい、ボート3つ入りましたー!」って。競艇だけにボートなんですね。

 そして店内を見回していると、ふと招き猫のような目線を感じました...。

 しかし、振り向くとそれは招き猫ではなく...さすが競艇ラーメン。とこなめ競艇のマスコットキャラクターである「トコタン」の招き猫サイズのぬいぐるみでした。

 もう、「あなたを誘っていいでしょ〜とことん愛してブブンブン〜青い空〜白い雲〜」なんて曲が聞こえてきそうな気配...と思ったのですが、よく考えたら、とこなめ競艇がそのCMソングを使っていた頃にはまだ、トコタンはいませんでした。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(3)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET