mobile ver.

2つの名古屋名物スパゲティを一度に−チャオ
(2008-03-02)

< ページ移動: 1 2 3 >

 名古屋についてあらゆる事柄に注目しているこのトッピーネットですが、よくご指摘をいただくのが、名古屋は名物ともいえる独特なスパゲティが2つもあるのに、それについての考察が少ないという点です。

 確かに名古屋には、「あんかけスパゲティ」と「イタリアンスパゲティ」という、他地域には見られない不思議なスパゲティがあります。しかし、どうも私の中には「スパゲティ=イタリア料理店」という公式が昔からありまして、これらのスパゲティに触れる機会をあまり設けてきませんでした。そのため、このサイトでもスパゲティを取り上げることがほとんどありませんでした。

 しかし、それではいけない!というわけで、とりあえず手っ取り早く、あんかけスパとイタリアンスパの両方を出しているお店...というわけで、名駅の菱信ビルの地下にある「チャオ(ciao)」へと行ってきました。

写真

2つの名古屋名物スパゲティ

「あんかけスパゲティ」とは。

 中華料理の「あんかけ」のようになっているもので、太目のスパゲティにどろっとしたソースがかかっているものです。昭和30年代に名古屋で生まれたといわれており、味の濃いことも特徴のひとつにあげられます。

「イタリアンスパ」とは。

 熱せられた鉄板の上に卵が敷かれ、半熟状態のところにトマトケチャップたっぷりのスパゲティであるナポリタンがのっけられ、そのまま鉄板で運ばれてくるというもので、ナポリタンなのにイタリアンという不思議な名物です。

 これらは名古屋の喫茶店なら大抵デフォルトでメニューにラインナップされているのですが、やっぱり専門店へ。

写真

これまであまり得意じゃありませんでした...

 名古屋のあんかけスパゲティの2大巨頭「ヨコイ」と「チャオ」なんて言うと「スパゲッティハウスそ〜れ」に怒られそうですが、名古屋ではそういった扱いになっています。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(8)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET