mobile ver.

名古屋の秋は鬼まんじゅう&味噌カツが和菓子に!?
(2007-11-08)

< ページ移動: 1 2 3 >

 そろそろ名古屋周辺の紅葉スポットでも、木々が色づき始めていているだろう今日この頃、秋はやっぱり食欲の秋で、何かおいしいものを食べたくなりますが、名古屋の秋と言って外せないものと言えばやっぱり「鬼まんじゅう」ではないでしょうか。

 鬼まんじゅうとは、まんじゅうと言っても今何かと話題のあんこが入っているわけではなく、砂糖と薄力粉を混ぜた生地にさつまいもを混ぜて蒸しあげたもので、名古屋では各家庭でもよく作られるメジャーな和菓子です。私の母も存命の頃はよく作っていました。

 鬼まんじゅうは名古屋であればスーパーでも年中よく見かけるのですが、やはりこの秋に獲れたてのさつもいもで作られた、おいしいものを食べたいということで、北区にお住まいのsatyさんから情報をいただき、評判のお店へと行ってきました。

写真

 北区の味鋺は、今でこそ高速道路や大きな国道が行き交い、住宅団地が立ち並ぶ地域となっていますが、幹線道路を少し離れて路地に入ると、昔ながらの建物やお地蔵さん、そしてわずかですが農地も見受けられます。かつてはほとんどがそういった農地で、味鋺はさつまいもの一大生産地でした。庄内川によってもたらされた砂地の地質が栽培に適しており、お盆の時期から収穫できたことから「味鋺の早生イモ」の名で特産品として知られていました。

 現在は下火になってしまったサツマイモで、再び町おこしをしようという運動が10年ほど前から広がっており、空き地を農地にして住宅団地に住む親子がさつまいもの収穫体験を行ったり、北区のお菓子やさんによるいも菓子の製造販売に力を入れています。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET