mobile ver.

あのシャチボンが本来の姿に!?衝撃スイーツとして登場
(2007-10-30)

< ページ移動: 1 2 3 >

 かつてこのコーナーでは、名古屋っ子の心の拠り所である名古屋城の金のシャチホコをモチーフにしたシュークリーム「シャチボン」をご紹介したことがありました。ただ金シャチの格好をしているというだけではなく、そのイッちゃってる表情に驚愕させられましたが、それだけにはとどまらず、ジャチボンが本来の姿をしたスイーツが登場したというので、名古屋駅でかつて「デイリーワン」と呼ばれたエリア「名古屋新幹線通り」に行ってきました。

写真

 以前シャチボンをいただいたのは、かつての「ファッションワン」と言ったほうがわかりやすい、名古屋中央地下通りの「黐木(もちのき)」でした。一方、シャチボンが本来の姿をしたスイーツを出しているのは新幹線通りの「カフェ・アローム(Cafe Arome)」です。

「ワン」の付いた旧称と「通り」のついた名前が混在しているのではっきりしておきましょう。かつてJR名古屋駅には、JR東海の子会社である名古屋ステーション開発株式会社が運営する「エキワン」というショッピングエリアがありました。デイリーワンやファッションワン、メディアワンにレジャーワンなどなど。しかしそれらは次々とリニューアルによって名前を消していきました。レジャーワンに至ってはソフマップになってしまいました。万博開催前のことです。

 かつては普通の飲食店が立ち並んでいたデイリーワンは、新幹線通りと名前を変えてから、名古屋の玄関らしく様々な名古屋名物を多く扱うようになりました。

写真

 さて、シャチボンについてですが、これはジェイアール東海フードサービスが販売しているもので、シュー生地で作られた金シャチにカスタードクリームと生クリーム、イチゴが入っていて、目の部分は生クリームとチョコレートで作られています。数量限定で1つ340円で販売されていて、その目つきが話題を呼んだのですが、やはり金シャチはいるべき場所にいなければならない...ということで生まれたのかどうかはわかりませんが、カフェ・アロームのオープンと同時に、このシャチボンを使った新しい名古屋を代表するスイーツが登場したのです。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET