mobile ver.

シーエス・グリルでクリスマスディナー
(2006-12-25)

< ページ移動: 1 2 >

 以前、取材の仕事で訪れた中川区尾頭橋にある「ステーキ家 シーエス・グリル」さん。その際にクリスマスディナーメニューがローストビーフだという話を聞き、ローストビーフに目が無い相方にそれを話すと、絶対行きたい!ということで、予約をしてクリスマスディナーに行ってきました。どれも手の込んだ逸品ばかりでした。

写真

 最初に出てきたのは「大根なますのスモークサーモン巻き」。さっぱりした大根とスモークサーモンがとても合います。そして「蛸とバナナの豆板醤マヨネーズ」。このソースがまろやかでありながら、結構ピリっとくるという不思議な味わいでした。

写真

 変わって「箸で食べるチーズフォンデュいろいろ」。箸で食べると銘打たれているだけあって、内容も和な感じ。子持ち昆布と小さな焼きおにぎりがこれほどまでにチーズと合うとは思いませんでした。チーズフォンデュのポイントはグリエールチーズを使っていることだそうで、家でやる場合にもグリエールを入れると味にとても深みが出るよ、とマスターの奥さまに教えていただきました。

写真

 続いては「薩摩芋のポタージュスープ」。薩摩芋をスープにすると甘みがすごいですね。さらに「伊勢海老のテルミドール」。とってもクリーミーで伊勢海老の身がぷりぷり。本当に贅沢な気分になれました。

写真

 お口直しに「生姜のシャーベット」が出てきて、いよいよ「黒毛和牛テンダーロインのローストビーフ」です。もう口に入れた瞬間とろけてしまうようなやわらかさ。シャーベットの生姜といい、ローストビーフに添えられていたおろし生姜といい、生姜の味がおいしい。でも、聞くと普通の生姜だそうで。う〜ん、どうしたらこんな味が出るのだろうと、相方と二人でうなってしまいました。ローストビーフとおろし生姜がこれほどまでに合うとは。でも、スーパーで買ってきて真似しても、たぶん全然違うのだろうなぁ。

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET