mobile ver.

さようならエイデン本店-エディオン名古屋本店完全閉店
(2013-05-19)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★名駅から柳橋から消える「エイデン本店」
★完全閉店と移転オープンどっち?
★結局別格扱いなのは広島だけになった

 名駅太閤通口のユニー生活創庫跡地にビックカメラ名古屋駅西店がオープンしたのが今から10年前。一昨年には名鉄百貨店本店ヤング館の跡地にヤマダ電機LABI名古屋がオープン。さらに2016(H28)年には松坂屋名古屋駅店の跡地にヨドバシカメラ名古屋店が進出を決定しており、名古屋駅周辺は家電激戦区となりつつあるなかで、一番の老舗が店を閉めることとなりました。しかもそのお店はかつての「本店」。

 実際には移転にもかかわらず、お店にはその場所への別れを惜しむかのように「完全閉店」の文字が溢れます。既にそのお店の名は消滅してしまっていますが、かつての本店を失う「エイデン」は、一体...どうなる。

写真

そう、それは「エイデン本店」

 名古屋駅に最も近い家電量販店といえば、ビックカメラが進出してくるまでは一択でした。それは、そう、名古屋を地盤に地元で圧倒的な信頼と親しみを獲得してきた「エイデン(旧・栄電社)」です。

 そのエイデンが本店を構えていたのが、名古屋駅からも程近い柳橋。柳橋中央市場の向かいにあり、中央市場の通りの名も、このエイデン横は「錦エイデン通」と名づけられていました。

写真

 最盛期には、エイデン本店とテクノ(PC部門)の2店舗体制となっており、場所を入れ替えつつリニューアルされ、テクノがコンプマートと名を変え、さらに規模は大きくなり、まさに本店、母店としての風格が漂っていました。

 店内にCD部門の「ディスクステーション」があった頃は、ZIP-FMの番組がここから放送され、名実ともに名古屋の最先端を行く、家電、パソコン、ソフトの一大集約店舗。まさにアミューズメント型家電量販店といえるほどのものだったのです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(13)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET