mobile ver.

名古屋の非電化ローカル鉄道・JRになれなかった城北線
(2012-04-23)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

★名古屋の北部を東西に走る全線高架の城北線とは
★何もかもが「高い」乗り換えのハードルも高い
★将来的には本当の「愛知環状鉄道」に?

 先日、「列車を停めて高架から電車を撮影!?-城北線貸切イベント」という、イベントレポートをアップしましたが、そもそも「城北線」とは一体どんな路線なのか、並走する道路は名古屋の大動脈なのに、なぜ20年経ってもマイナーな存在のままなのか、当初思い描いた夢の路線の実現はあるのか...。

 高架で高規格な複線の線路を走っているのに、非電化、1両、1時間に1本のローカル鉄道という、アンバランスで異彩を放つ「城北線」。なぜ、都会を走っているのに名古屋のアーバンラインになり得ないのか、そしてなぜJRではないのか、なぜ乗り換えが不便なのか。

 城北線とは一体どんな路線なのか、考えてみます。

写真

もともとは国鉄瀬戸線になるはずだった

 春日井市の勝川駅と、清須市の枇杷島駅を東西に結ぶ「城北線」。国道302号線、名二環(名古屋第二環状自動車道・旧東名阪自動車道)と並走しています。もともとこの区間は、国鉄瀬戸線の一部として計画されたものでした。

 国鉄瀬戸線は、貨物輸送を主眼として計画されました。かつて、名古屋の笹島にあった貨物ターミナルの笹島駅は、東海道本線の北側からしか出入りすることができず、東京方面からやってきた全ての貨物列車は、いったん名古屋を通り過ぎ、稲沢駅で折り返しをして、再び名古屋を通り過ぎて笹島駅に入るという流れになっていました。

 国鉄瀬戸線は、瀬戸市駅から高蔵寺駅へとつながり、そこから中央本線を複々線化する形で勝川駅へ、そして稲沢駅へとつながる計画で、中央本線からやってきた貨物列車を、勝川駅で瀬戸線に入れることで稲沢、笹島へと接続、また、こちらも幻に終わってしまった、南方貨物線と合わせて運用することで、名古屋の都心部を貨物列車が迂回するネットワークを構築するはずでした。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

コメント(7)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET