mobile ver.

100年ぶり「名古屋の山車まつり」を映画で記録
(2011-02-07)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★100年ぶりの大山車まつりを記録
★名古屋の美しさとは
★間もなく記録映画が完成します

 昨年、名古屋は開府400年で大きな盛り上がりを見せました。なかでも、開府300年以来、100年ぶりに開かれた「大山車まつり」では、普段は名古屋各地に納められている豪華絢爛な山車が一堂に会し、その美しさと迫力は多くの人を魅了しました。

 その「大山車まつり」を中心に、一年に渡って、名古屋に残る山車を記録したドキュメンタリー映画を製作している監督さんが円頓寺商店街で活動されていると知り、お話を伺ってきました。

 次は100年後、開府500年の西暦2110年まで見られない...。そんな100年に一度の名古屋を記録した映画にかける思いとは。

写真

名古屋の山車を未来に

 今回お話を伺いましたのは、2009(H21)年に西区の円頓寺商店街を舞台にした映画「歪屋(ひずみや)」を製作した、名古屋活動写真の代表であり映画監督の森零さん。

 俳優として活躍し、東京、ニューヨーク、カルカッタでの生活を経て、現在は名古屋で名古屋にこだわった映像作品を手がけられている一方で、円頓寺に雑貨店「零屋」を構え、自らアクセサリーやアート作品を製作・販売されるなど、多彩な活動を行っていらっしゃいます。

写真

 映画「歪屋」がタイムマシン「時限時計」で名古屋の過去と未来を行き交う冒険活劇であったのに対し、今回は名古屋の今を記録したドキュメンタリー映画。しかもなぜ、山車なのでしょうか。

 きっかけは、森監督の地元である東区の筒井町の天王祭で、神皇車について歩いたことだったそうです。その風景を、映像に携わるものとして未来に残したいという思いから、今回のプロジェクトが動き出したのです。

「映像とは、時空間を物質化すること。物質化しておけば、伝えられる、感じられる。宝物になる時空間を映像という形にしたかった。」

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(6)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET