mobile ver.

名古屋の玄関「テリヨン」はどうなる?-テルミナ
(2010-08-23)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★まもなく営業終了・名古屋ターミナルビル
★全長8.3メートルのからくり時計「テリヨン」
★名古屋の見どころを「16」紹介

 名古屋の玄関・名古屋駅。桜通口を出てまず目に入るのは「大名古屋ビルヂング」ですが、そんな桜通口で、毎日4回、時を知らせてくれていたのが、名古屋ターミナルビルのからくり時計「テリヨン」です。

 全長8.3メートルもある巨大な機械じかけのからくり時計は、ものづくりが盛んで、なおかつ、からくり人形の歴史もある名古屋にふさわしい、定番の待ち合わせスポットとなっていました。

 しかし、そんな「テリヨン」が設置されている「名古屋ターミナルビル」は、間もなく営業を終了しようとしています。ビルが取り壊された後の「テリヨン」の処遇ははっきりしていません。ひょっとしたら見納めになるのではないか?と思い、見に行ってきました。

写真

松坂屋もいなくなります

 名古屋駅の北側にある「名古屋ターミナルビル」は、地上20階、地下3階からなる複合商業ビルで、その歴史は古く1974(S49)年に「松坂屋名古屋駅店」をキーテナントにオープンし、バスターミナル、商業スペース、ホテル、愛知県旅券センターなどがあり、名古屋駅がまだ一部6階、5階建ての「東洋一の駅舎」だった頃から、一緒に名古屋の玄関を担ってきました。

 しかし、将来のリニア中央新幹線の開業を見越し、JR東海が高層ビルへの建て替え方針を発表。このビルの北側にある郵便局のビルとともに建て替え、55階建て、高さ260メートルの新ビル高層を発表したのでした。その高さはミッドランドスクエアを越え、中部一となるはずでした。

 ところが、リーマンショックによる「元気な名古屋」終了のお知らせとともに、46階建てにトーンダウン。一部には、東新町とあま市七宝を結ぶ、東海ラジオの放送中継回線(STL)に影響が出るおそれがあるために背が低くなったという噂もありますが、真相は?

写真

うまく追い出せたようです

 新しいビルの建設にともない、松坂屋ナゴヤエキ店は8月29日閉店、ビルの営業自体が終了する9月末から解体工事が始まり、新しいビルは2016(H28)年度の開業を目指します。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(8)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET