mobile ver.

線路から道路そして未来へ...DMV実証実験-明知鉄道
(2010-03-22)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 >

★線路と道路を行ったり来たり
★JR北海道と明知鉄道・観光と鉄道
★ハプニング発生で問題点も露呈まさに実証

 JR北海道が開発した「DMV(デュアル・モード・ビークル)」の車両を使って、岐阜県の明知鉄道で実証実験が行われるということで、見てきました。DMVとは、見た目はマイクロバスなのですが、なんとそのまま、線路に進入してタイヤと鉄輪で走行できてしまうのです。

 少子高齢化、過疎化の進行によって地方交通の運営が難しくなっている環境のなかで、バスと鉄道が競合して、共倒れになっては元も子もありませんし、バスをそのまま線路に乗り入れさせることで、コストをかけずに、通学・通院・買い物そして観光のシームレス化が実現できる...と、そんな理想の下、北海道、静岡、熊本でデモンストレーションや実証運行が行われ、2007(H19)年と2008(H20)年にはJR釧網線にて試験的営業運行が行われました。

 そして今回、岐阜県の明知鉄道での実証実験となりました。実は、明知鉄道にやってきたのには、大きな意味があったのです。

写真

4ヶ月ぶりのお目見え

 JR北海道のDMV車両「DMV921(愛称Darwin)」。この車両が明知鉄道にやってきたのは、実は初めてではありません。2009(H21)年11月、3日間に渡って夜間に14回の試験走行を実施して、明知鉄道での走行に安全上の問題がないことを確認した上で、今回の実証実験となったのです。

 私たちは当日、発車式が行われる予定の明知鉄道・岩村駅へと、日本三大山城の一つと言われる、女城主で知られる岩村城の城下町を早朝歩いていますと...。

写真

 後ろから、マイクロバスが近づいてくるような音がして、振り向いてビックリ。なんと、JR北海道のDMVが走ってくるではありませんか。このDMVは、トヨタのマイクロバス「コースター」をベースに作られているため、見た目は全くのマイクロバスです。

 まさか、このマイクロバスの状態でずっと走ってきた...なんてことはありません。今回は北海道から船で敦賀港へと運ばれ、そこからトレーラーで明知鉄道本社へと前日に到着。そしてこの当日の朝に、岩村駅へと道路を走行してやってきたのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 >

コメント(8)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET