mobile ver.

会場の外でのお楽しみ1−ポケモン
(2005-03-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

名古屋市だって便乗したい!

 前回までは愛・地球博の長久手会場と瀬戸会場の概要をご紹介してきました。今回はその万博本体ではなく、万博会場の外でも万博を体感できるものや、万博とともに名古屋周辺を盛り上げようと会場以外で行われるイベント、つまり建前ではなく本音で簡単に言いますと「万博便乗イベント」と呼べるものをご紹介していきます。

 愛・地球博は、名古屋市の東にある愛知郡長久手町と瀬戸市を会場に開かれます。中部のジョークシティ...じゃない、中部の中心都市である名古屋市は蚊帳の外になります。しかし東京や大阪、そして海外から万博にやってくる奇特なお客さんのうち、新幹線、飛行機、船など自動車以外でいらっしゃる方は、名古屋駅や金山駅など必ず名古屋市内を経由して会場にやってきます。となると、名古屋市もそんな人々をそのまま通過させるわけにはいきません。名古屋市内を見ていただき、そしてここが大事、お金を名古屋市内に落としていってもらわなければなりません。というわけで名古屋市内でも、愛・地球博に合わせて大きなイベントが開催されます。今回はそのうちのひとつ、ささしまライブ24地区で開催される「デ・ラ・ファンタジア」を見てみましょう。

De La Fantasia(デ・ラ・ファンタジア)

 愛・地球博が開幕する3月25日より1週間早く、3月18日にオープンするのが「2005年日本国際博覧会ささしまサテライト事業・デ・ラ・ファンタジア」です。「サテライト」という言葉を使っているので一見、万博会場のひとつに思えるかもしれませんが、このイベントの主催は名古屋市と共同企業体のみで、直接博覧会協会は絡んでいません。「笹島」はかつてJR貨物の「笹島貨物駅」があった場所で、名古屋駅のすぐ横にもかかわらず12万平方メートルという広大な空き地が広がっていました。将来的には「ささしまライブ24地区」として開発が予定されています。

 デ・ラ・ファンタジアは、名古屋駅からあおなみ線に乗ってわずか2分という好立地で、愛・地球博の「ウェルカムゲート」と名古屋市は主張しています。もちろん勝手にやっているわけではなく、博覧会協会も公認はしているのでしょうけど、愛・地球博の公式サイトにはこの「デ・ラ・ファンタジア」について紹介どころか、サイトへのリンクさえ張ってありません。名古屋市が勝手に単独で盛り上がっている感が否めません。しかもこの「デ・ラ・ファンタジア」という名前についても、名古屋弁の「でら」(「どえらい」の略=「すごい」の意)と横文字を融合させているあたりのセンスが、いかにも名古屋市です。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET