mobile ver.

会場へのアクセス−リニアにシャトル?
(2005-02-17)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

長久手会場へのアクセス

 前回まで、愛・地球博の会場の見どころをご紹介してきましたが、今回はそれ自体が見どころともなる、愛・地球博の会場へのアクセス手段、会場内の移動手段をご紹介します。 愛・地球博のメイン会場は愛知郡長久手町の「長久手会場」、そして瀬戸市にはサブ会場の「瀬戸会場」が置かれ、2会場制になることはお伝えしました。

 まずは長久手会場へのアクセス方法です。長久手会場の場所には、かつて「愛知青少年公園」という総合運動公園がありましたが、主に自動車で利用することを前提として作られた公園であり、広大な駐車場があるかわりに、公共交通によるアクセスはバスが少し運行されていただけで、鉄道などはありませんでした。当然、万博となれば自動車で来場者を受け入れるわけにはいきませんし、交通機関は路線バスだけというわけにはいきません。

鉄道アクセス

リニモ(愛知高速鉄道東部丘陵線)

 そこで建設されたのが、名古屋市営地下鉄東山線の終点である「藤が丘」と「万博会場」、そして愛知環状鉄道「万博八草」駅を結ぶ、日本初の磁気浮上式リニアモーターカー「リニモ」です。磁気浮上式のために音や振動が少なく、磨耗しないために保守費用も安く済みます。また、自動運転システムを導入していて無人運行となり、他の鉄道に比べ人件費も抑えることができます。国内では既に都営大江戸線がリニアモーターカーとして走っていますし、カナダのバンクーバーではリニアで自動運転システムの「スカイトレイン」がありますが、リニモには決定的な違いがあります。

 私は一度そのスカイトレインに乗ったことがあります。確かに快適です。しかし無人運行であるために、車内での犯罪に遭ったりするのではないかという不安感が拭えませんでした。バンクーバーでリニアモーターカーが開通したのは1986(S51)年と結構前のことで、当時開催された「バンクーバー交通万博」の目玉として、そして来場手段として作られたものでして、要はリニモと全く同じ経緯で作られたものでした。カナダに比べ20年遅れのリニモ。もちろんそのままでは無く進化しています。リニモには車輪がありません。常時磁器浮上式のリニアは日本初登場なので、このリニモに乗ること自体も万博の楽しみと言えます。ところがです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET