mobile ver.

今こそ世界デザイン博大反省会
(2005-01-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

万博を成功させるために今、思い出さなければならないこと

 いよいよ2005(H17)年は、名古屋市郊外の長久手町・瀬戸市を会場に国際博覧会「愛・ 地球博」が開かれます。関係各所は盛り上げるのに必死で、どの程度の収支を見込むこと ができるかという冷静な分析や、成功するか失敗するかという議論さえも許されない状態 ですが、そんな状況のなかであえて今回は、過去の実績について触れてみたいと思います。

 愛知県が万博を誘致した理由については、おいでよ名古屋みゃーみゃー通信の第2回「世界の中心都市としての義務」で考察 しましたとおり、1988(S63)年の開催を目指していた名古屋オリンピックを1981(S56)年に 逃してしまったことが大きく影響しています。この名古屋オリンピックは、1989(H元)年 の名古屋市制100周年記念行事として開催したかったという思惑もありました。ではオリ ンピックを逃した名古屋市は、市制100周年記念で何もしなかったのかというとそうでは ありません。当時はバブル景気のなか地方博覧会がブームで、全国各地で地方博が開かれ 成功を収めていました。そこで名古屋市も、この市制100周年を迎えた1989(H元)年に「世 界デザイン博覧会」を開催しました。万博ではなく地方博ではありますが、名古屋の過去 の博覧会の実績として、万博を2ヶ月後に控えたこの時期にあえて今、振り返ってみたい と思います。

 では、17年前の名古屋市にタイムスリップしてみましょう。

1988(S63)年の名古屋へ...

 1988(S63)年、名古屋市は翌年に世界デザイン博覧会の開催を控えていました。地方博ブームは既に始まっており、この年には7月8日から9月18 日まで岐阜市で「人がいる、人が語る、人が作る」をテーマに「ぎふ中部未来博」が開催されました。リニアモーターカー、スペースシャトル、ハイビジョンといった未来を感じさせる展示が注目され、たった73日間の開催期間だったにもかかわらず、入場者数は407万人と当初目標の1.5倍以上、約150万人上回る数字を記録し、20億円の利益を計上しました。また、同じ年に続けて高山市で開催された「飛騨高山博・食と緑の博覧会」でも約2億円の利益を生み出しました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET