mobile ver.

名古屋グルメで思わず遭難?
(2005-06-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 >

実験的に屋台を復活

 10回に渡ってお届けしてきました、万博便乗スポット紹介企画「名古屋新名所シリーズ」。ラストの今回は名古屋グルメを紹介します。まさしく便乗の期間限定屋台街から、東京で食べられる名古屋グルメ、そして絶対に名古屋でしか食べられない驚愕の名物メニューを出すお店をご紹介します。まずは名古屋の都心に誕生した期間限定屋台街から見ていきましょう。

 名古屋の中心部を南北に流れる堀川。ここ最近は水質の浄化も少しずつ進み、かつてはドブ川の様相だった風景が次第に都心のオアシスと変貌しつつあります。広小路通が堀川と交差する納屋橋は1913(T2)年製。橋のたもとにある旧加藤商会ビルは1931(S6)年に建てられたもので、登録有形文化財となっています。この度、ビルの修復が完了しました。名古屋は地下街が発達している反面、地上に賑わいがありません。そこで堀川開削400周年となる 2010(H21)年に向けて、この広小路通を中心に活気を取り戻すべく「堀川納屋橋地区にぎわいづくり事業」が展開されています。そして愛・地球博が開催されている9月25 日まで、その事業をPRする一環として納屋橋の南側に屋台村「納屋橋環境劇場」が設置されています。

 納屋橋環境劇場に出店している屋台は5店舗。化学調味料を一切使わない無添加たこやき8個450円の「たこやきマイケル」、アサヒビールの焼酎を味わえる「納屋橋焼酎Barのりのり」ではきしめん(400円)などが楽しめます。もっと名古屋の味を堪能したい!という方も大丈夫。鉄板料理屋台の「てつまる」では名古屋流のお好み焼き(550円)や手羽先 (500円)を、そして「串やぶ」では、串かつの上に牛スジを赤味噌で煮込んだ「どて」が乗っかった「どてかつ(500円)」が人気。「みそ串かつ」と「どて煮」ふたつの名古屋名物を一口でよくばりに。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET