mobile ver.

空港を目的地に・セントレア
(2005-05-28)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

知名度はとりあえずアップしました−セントレア

「セントレア」

 この名前が全国的に知れ渡ることになるとは、当初誰も予想しなかったでしょう。セントレアとは、愛知県常滑市沖に2005(H17)年2月17日開港した中部国際空港の愛称です。この名前が一躍有名になったのは、空港自体の宣伝によるものではなく、この空港の南にある知多郡美浜町と南知多町が、住民の意向を反映せず合併協議会だけで「南セントレア市」に新市名を決めてしまったことがニュースなどで大きく取り上げられたからです。カタカナである上に施設の名前を市名として採用した奇抜さと、住民抜きという選考手法が批判されました。結局その後住民投票が行われ、合併自体が破談となってしまいました。あり得ないとは思いますが、この騒動が空港の売名行為として誰かが仕組んだものだったとしたら「うまくやったな」としか言いようがありません。全国的に、自費であれだけ名前を売り込もうとしたら相当費用がかかります。あり得ない想像ですけど。

 セントレアという名前が開港前から話題に上ったこともあり、開港後、多くの見学者で混雑するセントレアの映像が全国的に流れました。多くの方は「なぜ名古屋っ子は、たかが新しくできた空港ごときにあんなに足を運ぶのか」と思われたかもしれません。違うのです。セントレアはただの空港、ただのターミナルではないのです。1994(H6)年9月に開港した、セントレアの先輩である関西国際空港を反面教師とした結果がこれなのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET