mobile ver.

高速降りずに伊勢湾岸新名所めぐり
(2005-05-07)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

なぜか湾岸桑名インターから出発!

 万博に合わせて相次いでオープンしている名古屋近郊のスポットを紹介している「名古屋新名所シリーズ」。7回目の今回は、道中全てが新しいというドライブをしてみましょう。愛・地球博開幕に何とか間に合わせた高速道路に乗り、その周辺に作られた新スポットを見ていきます。

 今回使用する高速道路は、伊勢湾岸自動車道と東海環状自動車道です。伊勢湾岸自動車道の西端は、東名阪自動車道の四日市ジャンクションに繋がっていますが、ここではある作戦を決行するために西端ではなく、三重県桑名市にある「湾岸桑名インター」を起点にドライブすることにします。

 伊勢湾岸自動車道は片側3車線という広さがあり、なおかつ橋の上を通ることから料金設定が高く、敬遠されがちということもあって、ゴールデンウィークやお盆でも渋滞知らずですので、いつでも快適なドライブをすることができます。ちなみに伊勢湾岸自動車道は単体の高速道路ではなく、近畿自動車道(第二名神)、国道302号、第二東海自動車道(第二東名)の一部開通区間を合わせてそう呼んでいるもので、将来的には本来の名称に戻るでしょう。途中に国道が入っていることも車を走らせるとわかります。

 まずは2002(H14)〜2003(H15)年に開通した第二名神の区間を走ることになります。湾岸桑名インターを出発して最初の休憩所、湾岸長島パーキングエリア(PA)に寄ってみます。このPAは、湾岸長島インターと併設になっています。このインターは、東海地区を代表する絶叫マシン遊園地「ナガシマスパーランド」に隣接していて、伊勢湾岸道の開通によって、東名阪や国道23号で渋滞を巻き起こしていたナガシマへの車列が緩和されました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET