mobile ver.

名古屋に今なぜイタリアなのか
(2005-04-30)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

いよいよイタリア村で食べる!メインはバイキング

※追記:名古屋港イタリア村は破綻したため、現在は営業していません。

 前回に続き、名古屋港ガーデン埠頭に4月2日オープンした「名古屋港イタリア村」をご紹介していきます。名古屋港イタリア村は、個別の2階建て店舗が並ぶエントランスゾーン(CHITTA DI MURANO)、大きな3階建ての本館・ピッコラヴェネチア(Piccola Venezia)、ヴェネチアンガラス美術館(MUSEO DEL VETRO VENEZIANO)、そしてと結婚式場から成り立っています。前回はエントランスゾーンの物販店をご紹介しました。ファッションショップや雑貨店などでウィンドウショッピングをしていたら、お腹が空いてしまいました。イタリア村というからにはイタリア料理のお店がたくさんあるはず。ということで飲食店を巡ってみます。

 イタリア村にある飲食店は全部で10。そのうちデザートのお店が4店舗ですから、食事ができるお店は6店舗ということになります。意外と少ないのです。 1日に3万人が訪れた日の様子が目に浮かびます。最も大きなレストランは、本館・ピッコラヴェネチア3階に6 00席を構える「イタリアン・オーダーバイキングCORSALE」です。80種類のメニューから選ぶオーダーバイキングで食べ放題です。料金は、午前11 時から午後4時のランチバイキングは60分食べ放題で大人1,800円、小人(小学生と4歳以上)1,000円。午後2時から午後 5時のデザートバイキングも60分で、大人1,500円、小人1,000円。午後5時以降90分食べ放題のディナーバイキングは大人2,800円、小人 1,500円です。

 私たちは食べる速度が遅いので60分バイキングは厳しいと思い、最初から入る気は無かったのですが、ちょっと覗いてみました。エスカレーターで3階に上がってびっくり。遊園地のアトラクションを待つ行列のように、ロープで区切られた通路に延々と人が並んでいて、一体いつ入れるのか見当もつかないほどでした。ちょうどお昼だったので仕方が無いですね。夜11時まで営業していますから、ショップが閉まった午後9時以降にゆったりと利用したいものです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET