mobile ver.

どうしてイタリア「村」なの?
(2005-04-23)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋の港をレジャースポット化せよ

※追記:名古屋港イタリア村は破綻したため、現在は営業していません。

 昨年7月、名古屋の港に新たな施設が建設されることがニュースになりました。

 名古屋のベイエリアで遊べるスポットと言えば、地下鉄名古屋港駅のあるガーデン埠頭です。シートレインランド、ショッピングモール・ジェティ、名古屋港水族館、名古屋港ポートビルという施設は以前からあるものの、東京のお台場や大阪・天保山に比べると規模は格段に小さく、名古屋は港が寂しいと長い間言われてきました。ネタとしてガーデン埠頭の目玉だった金シャチの形をした遊覧船もいなくなり、名古屋港は貨物取扱量日本一ではあるものの、観光の面では話題性を失っていました。

 そんなガーデン埠頭の東端、倉庫の一部を取り壊して新たな観光施設ができることになりました。それは民間資金を活用した社会資本整備事業(PFI)として行うもので、ホテルや飲食店を経営する名古屋のセラヴィリゾートなどが出資した事業会社が、名古屋港管理組合から約3万平方メートルの土地を15年の期限で借り受け、そこに52億円をかけて建設をするものです。発表された施設の概要は、1950年代のイタリアの街並を建設し、そこにイタリア各地の食材店や飲食店、ブランドショップなど90店舗を配す計画です。さらにベネチア風の運河を作り、堀川と接続して名古屋駅近くの納屋橋までゴンドラを運行する計画も持ち上がりました。

 オープン予定は、愛・地球博開幕翌日の3月26日。入場は無料で年間入場者目標は50万人。初年度から営業利益ベースで黒字を目指す、そのイタリアをテーマにした観光施設の名は「名古屋港イタリア村」。私はこの時、てっきりその「名古屋港イタリア村」という名は仮称だと思っていたのですが...。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET