mobile ver.

名古屋副都心のネーミングセンス
(2005-04-16)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

名古屋の副都心を探せ!

 愛・地球博の開催に踊らされている名古屋には、次々に新しいスポットが誕生しています。そんなスポットを紹介しているこの名古屋新名所シリーズ。これまで、名古屋の中心部・栄と、万博のメイン会場になるはずだった瀬戸市をご紹介してきました。4回目の今回は再び名古屋市内に戻り、名古屋の副都心をご紹介します。「名古屋の副都心ってどこだっけ?」そこから話を進めていきましょう。

 名古屋一の繁華街は栄、名古屋の玄関は名駅(名古屋駅)です。栄と名駅の間は2キロ強離れているものの、間にあるビジネス街・伏見が接着剤となり、栄・伏見・名駅一帯を名古屋の都心部として扱うことが一般的です。名古屋市内外を問わず「明日、名古屋に買い物にいくんだわ?。」と言えば、たいていこの都心部に行くことを指します。

 名古屋では、電車よりも自動車での移動が多いことは以前から取り上げているとおりです。ですので駅前が発達しにくく、郊外に大きな駐車場を構えた大型ショッピングセンターやシネコンに人が集まることが多く、今までは名古屋市内なら港区品川・熱田、市外であれば三好や扶桑、さらに郊外の木曽川や柳津などに次々と、巨大駐車場を構えた大きな複合商業施設が作られてきました。もちろんそれらへ名古屋っ子は皆、自動車で行きます。

副都心を目指す「大曽根」と「金山」

 したがって駅前の発達しにくい名古屋では「副都心」というものが存在していませんでした。しかしそれを狙っている駅は以前からありました。それは北区の「大曽根」と中区の「金山」です。両駅とも名鉄、JR、地下鉄が乗り入れています。名鉄瀬戸線、JR中央線、地下鉄名城線、ゆとりーとラインの乗り入れている大曽根は、駅近くにあった三菱電機の工場が規模を縮小し膨大な土地が生まれました。そこにナゴヤドームが1997(H9)年に完成。さらに2002 (H14)年にはスーパー、家電量販店、レストランなどの複合ショッピングセンター「メッツ大曽根」がオープンしました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET