mobile ver.

万博にかけるせとものの瀬戸(1)
(2005-04-02)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

瀬戸といっても瀬戸内海じゃないよ

 名古屋ローカルではもちろんのこと、3月25日の開幕以降は全国ネットのテレビ番組でもよく取り上げられるようになった「愛・地球博」。しかし取り上げられるのはいつもメイン会場である長久手会場ばかり。もうひとつの瀬戸会場は、パビリオンが政府系ものと市民参加ものもだけで企業パビリオンはなく、地味なためかなかなか注目が集まりません。この「愛・地球博」が当初はこの瀬戸会場のある海上(かいしょ)の森一帯で開かれる予定だったお話は以前しました。そのため瀬戸市は当初から誘致活動にかなり力を入れてきました。

 ところで「瀬戸」という地名を聞いてどこを思い浮かべられるでしょうか。名古屋近郊の方であれば、真っ先にこの「愛知県瀬戸市」と答えていただけると思うのですが、他の多くの方は「瀬戸内海」、「瀬戸内」の瀬戸を思い浮かべられるのではないでしょうか。しかしそういった方でも「せともの」という言葉を知らない人はいないと思います。「せともの」を陶磁器の別名と思われている方も多いと思いますが、実はこの言葉の語源は「瀬戸で作られた物」なのです。瀬戸市は1000から1300年の歴史を持つ陶磁器の街です。

「瀬戸で行かんでどこへ行く」(瀬戸へ行かないでどこへ行くっていうの?)

 この言葉は、近年瀬戸市の観光キャンペーンで使われていたものですが、ここで言う「行く」は、本来は観光へ行くという意味ではありません。まだトヨタの自動車も織機も、名古屋の工業も産声を上げる前のはるか昔、瀬戸は陶磁器産業で繁栄していました。誰でも瀬戸へ行けば陶土の採掘や、窯焼きなど何かしら仕事にありつける、この言葉を合言葉に全国から瀬戸へと人が集まったのです。かつて瀬戸はそんな街でした。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET