mobile ver.

地場産業の意地・地場百貨店の意地
(2005-03-26)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

栄の新名所はファッションとグルメだけじゃない

 3月25日に愛・地球博が開幕しました。35年ぶりとなる一般博「愛・地球博」、半年間で1500万人の入場者が見込まれています。日本中、いや世界中からこの名古屋へ人がやってくるはず。ということでそれに合わせ、名古屋では新スポットが続々登場しています。今回は、名古屋一の繁華街・栄に登場したばかりのスポットを二つご紹介します。

SUNSHINE SAKAE(サンシャイン栄)<3月5日全館オープン>

 名古屋を代表する繁華街といえば、その名のとおり「栄」です。その栄の錦通と大津通の角、これまたそのまんまの名前である「錦通大津」交差点角に登場したのが、大観覧車のある「サンシャイン栄」です。ではフロアを上から見ていきましょう。

 5階と6階は飲食フロアです。和食は「銀座天○」、「とんかつ和幸」、歴史ある京料理のお店・たん熊北店がプロデュースする「熊はん」。そして洋食は老舗洋食店「ドンピエール」に、アメリカンカジュアルレストラン「ウエストパークカフェ」、名古屋っ子が大好きなカレーうどん専門店の「うどん子」では激辛カレーが楽しめます。そしてステーキと鉄板カレーが楽しめる「七兵衛」といったラインナップです。また異国料理のお店もあります。本場のナポリピッツアと、この地方の食材を融合したイタリア料理の「DA CIBO(ダ・チーボ)」や、独創性溢れる中華料理の「チーナ・ヒロ」、そして本場タイから3 1店舗目として名古屋に上陸した「コカレストラン」です。コカレストランは食材をタイから空輸。本場のタイの味を味わうことができます。

 3階と4階はファッションフロア。特にレディス向けが多く、名古屋初上陸のブランドもあります。バッグ、雑貨からアクセサリー、シューズまで個性的なショップが並びます。ヘアサロンもあります。そしてこの3階から乗ることができるのが、名古屋一の夜景が自慢という大観覧車「Sky-Boat」です。直径40メートル、最も高いところでは地上高52メートルを誇ります。料金は500円(未就学児は無料)で、1周約10分。運転時間は午前10時から午後 11時までとなっています。さて、この観覧車にはいかにも名古屋らしい機能がついています。それはスロットです。観覧車に乗るといきなりスロットがスタートします。ここで「777」が揃えば当たりです。サンシャイン栄内で使える1000円分の商品券がゲットできます。さすが商業パチンコ発祥の地・名古屋の観覧車です。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET