mobile ver.

名古屋の教育を全国へ!?
(2005-07-09)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

名古屋で長年作られている道徳ドラマ

 NHKテレビで毎週放送されている「中学生日記」というドラマがあります。かつては総合テレビで日曜の午後に放送されていましたが、現在は教育テレビで毎週月曜午後7時から30分間放送されています。実はこのドラマの枠が、地方局が制作するドラマのうち現存する最古のものだということをご存知でしょうか、それ以前にこの「中学生日記」が名古屋で作られていること自体、あまり知られていないのではないでしょうか。

 中学生日記はNHK名古屋放送局が制作しているドラマで、1962(S37)年に「中学生次郎」としてスタート、その後「中学生時代」「高校生時代」「われら高校生」「中学生群像」とタイトルや舞台を変えるなどの経過をたどり、1972(S47)年に現在のタイトル「中学生日記」となりました。開始から既に38年が経過しています。

 他にも名古屋で制作されているドラマ枠が民放にもあります。東海テレビはフジテレビ系列で午後1時半からドラマを放送しています。この枠は、民放の帯ドラマ枠最長記録を保持していますが、スタートは1964(S39)年で中学生日記の枠よりも後です。そしてCBCテレビの同じ時間の枠「ドラマ30」が 15分枠としてスタートしたのが1969(S44)年ですので、比較すると中学生日記の枠がいかに古くから続いているかがわかります。

思春期と性教育にももっと踏み込んで欲しい

 中学生日記は、中学生の日常を描いたドラマですが、中学生向けの道徳番組という位置付けでもあるため、ただ面白おかしく話が展開されるわけではなく、学校生活およびプライベートでおこる様々な問題に対し解決法を探っていくスタイルになっています。そのため説教をされているように感じることもあり、当の中学生はあまり見たがらない傾向もあります。私も中学生当時はあまり好きではありませんでした。

 時代に応じて内容は変えられており、現在では薬物乱用、携帯電話中毒といった重い内容を取り上げる反面、ソフトにそしてリアルに思春期でもある中学生の心理を描き、下着や陰毛にまつわるエピソードなども組まれるようになりました。でも、当然描かれていたのは男の子の話でした。もう少し踏み込んで欲しいですね。

 話が逸れますが、中学生の男の子には、もっと女の子のことを教えるべきだと私は思います。東京都の石原知事では無いですけど、性というものを軽く考えすぎだと思いますし、生理とかそういう知識は男の子にも必要だと思うのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET