mobile ver.

受験勉強の前に受験の勉強
(2005-07-02)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

愛知の中学生は本当に公立高校志向なの?

 前回、愛知県の子ども達は公立志向が高いと書きました。今回はまずそれを実証するために、愛知県の中学生の高校進学状況を具体的な数値で見てみます。愛知県内の中学3年生全員を対象に、愛知県教育委員会が2004(H16)年9月に行った進路希望状況調査によりますと、公立の全日制課程の高校へ進学を希望する生徒が80.3%、対して私立の全日制課程の高校への進学を希望する生徒は12.5%となっています。過去のデータも見てみましょう。 1998(H10)年9月の調査でも公立希望81.2%、私立希望12.0%とあまり数字に変化は見られません。愛知県の中学生は常に8割が公立高校への進学を希望しているのです。

 この進路希望状況調査は毎年9月と12月に行われます。12月にも行われる理由は、11月に公立高校の募集要項が発表になり、それを踏まえてより現実的な希望を再考した結果を見るためです。12月の調査を見てみますと、2004(H16)年が公立希望72.5%、私立希望18. 9%、そして1998(H10)年が公立希望72.8%、私立希望18.8%となっており、例年8%の生徒が公立高校への入学をこの時点で諦めていることがわかります。

 では実態はどうなっているかも見てみましょう。2004(H16)年3月に愛知県の中学校を卒業した72,084人のうち、前年9月の時点では 58,700人(81.4%)が公立全日制高校を志望していますが、実際に5月の時点で公立高校に入学していたのは44,363人で割合は61.5%、対して私立全日制高校を希望していたのは8,217人(11.4%)ですが、実際に私立高校の1年生となったのは21,357人で29.6%まで割合が高くなります。公立を志望していたにもかかわらず、公立高校に落ち、私立高校に入学した生徒が18.2%いるということがわかります。

愛知県の公立高校入試制度の変遷

 愛知県のケチという県民性から公立志向が高いと言うこともできますが、もうひとつ、愛知県は公立高校のレベルを落さないように、受験制度を変えてきたという歴史もあります。そしてその受験制度は全国で最も複雑で、愛知県の中学生は受験勉強よりも先に受験制度を勉強しなければなりません。公立高校を2校受験できるのは全国で愛知県だけです。この制度は複雑なだけではなく、学校選びに駆け引きも必要になります。大学受験の予行演習とも言われる複合選抜制度。続いてはそんな愛知県の公立高校受験制度の歴史を紐解いてみます。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET