mobile ver.

管理教育の真の目的とは?
(2005-06-25)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

愛知県内でも管理の度合いにバラつきがあった理由を探る

 体罰、スパルタ、髪型および服装の強制。かつて愛知県で行われていた管理教育について、私が体験したり耳にしたエピソードを書いてきましたが、愛知県内全ての学校が、画一的にそうだったわけではありません。前回も触れましたが、県全体で見ますと特に愛知県の東半分にあたる三河地区でその傾向が強く、西半分の尾張地区は若干緩い傾向でしたし、高度経済成長時に設置された新設校のほうがより厳しく、古くからの学校では頭髪や服装の検査が無いどころか、私服通学が許されている高校もありましたし、昔から集団登校を行っていない地域もありました。

 今回は、なぜこのように地域によってムラが生じたのか、その管理教育になぜ親や生徒たちは反発しなかったのか、そしてその管理教育の真の目的は何だったのかを考察してみます。

 愛知県の場合、高校に限らず公立学校に人気が集まっています。これには名古屋っ子がケチだということが大きく影響していると思われます。公立と私立では学費に大きな差があります。小中学校はほとんどの子が公立に通い、高校受験の際も本命は公立高校で、滑り止めが私立高校という人が少なくとも私の周囲には多かったです。聞くとこの傾向は今も続いているようです。東京ではかなり前から私立高校の人気が高く、私立に人気が高まると同時に学力も高くなっていて、東京大学の合格者数を見ても私立高校の方が多くなっています。

 もちろん全てがそうではありません。愛知県でも名門と呼ばれる私立高校は確かにあります。特に女子の場合は「SSK」に通うことがステータスになっています。「SSK」とは椙山、淑徳、金城学院。最近、全国的に耳にするようになった「名古屋嬢」の要件を満たすには、この3校のどれかに在学、もしくは卒業していることが最低限必要です。全て女子校でしたが、愛知淑徳大学は1995(H7)年度から共学になっています。

高校入試のためには教師の顔色を伺う必要がある

 愛知県の公立高校は全国で唯一の、ユニークと言いますか複雑な形式の入試を行っています。かつては東京都と同じく学校群制度を採用していたのですが、公立高校の人気、レベルを下げないために現在の方式に転換しています。公立高校入試の複雑な制度については改めてお話します。その高校入試が、管理教育への批判をできなくしていたのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET