mobile ver.

とにかく管理
(2005-06-18)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

かなりの時間を費やした身だしなみ検査

 中学生時代、心底馬鹿馬鹿しいと思っていた時間があります。その時間は月に1回やってきます。授業やホームルームを中止して、学年の生徒全員がグランドか体育館に並ばされます。教師の手には定規。一体何をするというのか。それは毎月恒例の服装・頭髪検査です。

 これは私が中学生時代の頃の話ですので、今から十数年前のお話です。今現在はそんなことはやっていないと信じたいものです。まずは服装。男子はワイシャツの下に肌着を着ているのですが、そこ色柄物などもってのほか。胸にワンポイントマークがあったりしてもいけません。白いランニングかTシャツでなければなりません。そしてズボン。もちろんこれも標準でなければなりません。さらに上着の丈もチェックされます。女子はもっと厳しく、スカートのヒダの幅から、ヒザ下の丈までチェックされます。スカートや足に定規を当てる先生のことをちょっとうらやましく思った思春期です。今考えると、絶対それを楽しみにしていた先生もいるはず。もちろん、ピアスなんてものは論外です。

 服装検査で指摘を受けた場合は、数日の間に直して教師に再度検査をしてもらうことになります。服装はそれで済んだのですが頭髪はそうは行きません。即修正です。

 その頭髪検査についてです。茶色に髪を染めてはいけないなどというのは当然のことで、頭髪検査では髪の毛の長さ、耳が出ているかどうか、襟足が刈り上げてあるかどうかがチェックされました。私は尾張地区の中学校に通っていたので、これでも比較的緩い方でした。三河地区ともなると全員丸刈りという厳しい校則が生徒達の前に立ちはだかっていました。女子の場合もやはり色はもちろんのこと、パーマが天然であるかどうか、前髪の長さなどをチェックされますが、私の通っていた中学校では比較的女子には寛容だった記憶があります。服装が女子に厳しかった分のバーターでしょうか。では頭髪検査でひっかかった場合はどうなるのかと言いますと...。

 最もいけないのは茶髪です。染めている男子生徒は決まって技術教室の横の空き地へと連れて行かれました。そして首に大きな布を巻かれます。教師の手にはバリカン。そうです、その場でカットです。さすがに女子の髪が教師の手によって切られているというシーンを見かけることはありませんでしたけど、影では行われていたかもしれませんね。わざわざ人目につく屋外の空き地でバリカンを入れるのには、見せしめの意味も含んでいたのでしょう。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET