mobile ver.

地元民がかなり有利だったワケ
(2005-09-17)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

地元には情報が溢れていたけど...

 愛・地球博の会期もあと1週間を残すばかりとなりました。平日でも入場者数が20万人を越えるようになり、もはやどこをどう周ったら効率が良いとか、そういうお話はできなくなってしまいました。万博という空間を楽しむつもりでどうぞお越しください。ただ、食事をするにも行列、トイレに入るにも行列、コンビニに入るのも行列という状態になっていますので、覚悟が必要です。

 開幕当初は閑古鳥が鳴いていた愛・地球博。日が経つにつれて遠方からの来場者も増えました。しかし、その遠方からの来場者と地元の来場者の間には大きな情報格差が生まれてしまいました。それにより、地元の人間は効率良くかつ上手な選択をすることができるのに、遠方の来場者はなかなかうまく周れないという状況が生まれてしまいました。もちろん、地元の人間は来場している回数が多くて慣れているという要素もありますが、初めての来場だとしても地元民には有利な点がたくさんあったのです。これは、マスコミの温度差によって生まれてしまいました。

 名古屋のテレビ・新聞は、毎日特設の枠を設けて万博情報を流してきました。各社どういった取り組みをしていたのか見てみましょう。

NHK総合テレビ

 NHKは、愛知・岐阜・三重(以下・東海3県)で、月曜から金曜の午前11時5分から54分まで放送している「情報フレッシュ便さらさらサラダ」を、全編万博会場にあるグローバルスタジオからの放送にし、地味ではあるものの、細かいパビリオン情報やイベント情報を流してきました。土曜日も午前11時30 分から54分まで、こちらは北陸を含め中部9県で「さらさらサラダ」が放送されました。うち9分間は首都圏でも流された時期がありました。各パビリオンから中継を入れるのが特徴で、数日先のイベントの予定などにとても敏感でした。夕方のニュース「ほっとイブニング」でも、かなりの時間を万博スタジオからの中継に充て、翌日の予定などを詳細に放送していました。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET