mobile ver.

勘違い?ロボットはあそこ
(2005-08-20)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

もう少し続きます万博のお話

 愛・地球博レポートをお届けしています。もう少しだけ万博のお話をさせてください。名古屋にとってこんなビッグイベントはもうたぶん二度と無いのですから、このサイトに限らず、万博をちょっと誇らしげに思い始めた名古屋っ子にもう少し、もう少しだけお付き合いください。

NEDOパビリオン

 アフリカ各国のパビリオンが集まるグローバルコモン5には、ひとつだけ浮いているパビリオンがあります。ガラスの壁が透けているパビリオンで、いつも行列ができていて1 時間以上の待ち時間となっています。NEDOパビリオンです。NEDOとは独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構。この機構は、産・官・学が連携して次世代の研究開発ができるようにと、公的資金を使って研究開発をコーディネートすることを目的に設置されたものです。簡単に言いますと、民間企業だけではリスクがあったり、技術が足りない研究開発について、大学や研究機関を紹介してさらに税金でちょっと応援しちゃいますよ、という政府の特殊法人が、独立行政法人となったものです。

 このNEDOパビリオンはなぜいつも行列ができているのか。それはシアター形式になっていて観覧するのに30分ほどかかり、一度に40人しかさばけないという事情もあるのですが、結構たくさんの人が「ある勘違い」をしているのだそうです。

 まずは内容をご紹介しましょう。プレショーエリアでは、身長8メートルのロボット「M IRAIくん」がNEDOとは何かを説明してくれます。そしてシアターでは大型ハイビジョンで映像作品を見られます。なかでも、大阪万博で「夢」に触れた少年達が夢を実現していく過程を描いた「夢見るチカラ」を見ると、この愛・地球博で何かを感じ取った少年達が描く未来はどうなるのかなと楽しみに思えたりします。

 NEDOパビリオンには、生ゴミから電力を作る新エネルギープラント見学ツアーというコースもあり、こちらは50分の見学コースとなっているのですが、すでに9月25日までの全ての日程の予約が埋まっており、当日キャンセルがあった場合にのみ参加することが可能です。ここでは実際に生ゴミなどから電気を作り、長久手日本館の電力を100%賄っているのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET