mobile ver.

注目の外国パビリオン(2)
(2005-08-06)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

各エリアから注目パビリオンをピックアップ

 前回は愛・地球博の外国パビリオンのうち、グローバルコモン1から3の注目パビリオンを紹介しました。今回はその後編です。コモン4から6にある外国パビリオンをご紹介していきます。夏休みに入って入場者は意外と低調に推移しています。空いているのはお盆前が最後となるかもしれません。8月に入り真昼は 38℃を記録する日も出てきていますので、熱中症対策を充分しておでかけください。それでは、長久手会場の最も南にあるグローバルコモン4から見ていきましょう。

グローバルコモン4

スイス館

 コモン4は東ヨーロッパ諸国が出展しているエリアです。芸術に関する展示が多く、優等生的な空気が漂います。もちろんここも展示内容は優等生なのですが、パビリオンの外壁に大きく「山」とだけ書かれた、不思議なパビリオンがあります。その文字は国名よりも大きく、夜になるとその「山」という文字だけに照明が当たります。山が国のウリであるスイス館です。スイス館のコンセプトはズバリ「山」。ここでは山を体験するプログラムが用意されています。

 館内は気圧が調節されていて、実際に山登りをしているような雰囲気のなかで山を探検するというスタイルです。実際にスイス軍が使用していた懐中電灯を改造した音声案内機を手に持ち、その懐中電灯の光を展示物の的に当てることで音声解説が流れるという、探検気分を満喫させる仕掛けつきです。ただし、音声が大きくて近くに人が多いと何を言っているのかわからなくなりますが。

 そしてスイス館のオススメはレストラン「アルペンローゼ」です。ここでは、スイスを舞台にしたアニメ「アルプスの少女ハイジ」でハイジたちが食べていた、パンに溶かしたチーズを塗る「ラクレット」を味わうことができますし、「ハイジのお気に入り」なんてメニューもあります。ラクレットを食べて、売られている胸に「山」と漢字で書かれたT シャツを着れば、すっかりスイス人です。

 そのTシャツは正直どうかと...。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET