mobile ver.

賛成?反対?愛・地球博
(2005-07-16)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

私はこの万博をどう捉えているのかを自己分析

 私はこれまで、このサイトで愛知万博、愛称「愛・地球博」についていろいろ書いてきました。どうして愛知が万博を誘致することになったのかや、かつて名古屋などで行われた地方博の功罪について考察し、開幕前に万博会場に入ってのレポートも書きました。そして愛・地球博は開幕し、私は何度も訪れています。

 さて今回は、万博の何について書くのかといいますと、私宛のご質問にお答えしようと思います。この質問は本当にたくさんメールでいただきました。その質問とは。

「トッピーさんは愛・地球博に賛成なのですか、反対なのですか。」

 これは難しい質問です。なぜなら一概にどちらとも言えないからです。賛成の部分もありますし、首を傾げたくなる部分もあります。そこで今回は、私から送るメッセージという形で、「賛成派」「反対派」そして「エンジョイ派」の皆様にコメントすることで、私自身が万博をどう捉えているのか、真相を自分自身で探ってみたいと思います。

万博賛成派のみなさまへ

 入場者数、好調に推移していますね。

 目標入場者数は1,500万人。これを会期の185日で割ると、1日最低81,082人の入場者数が必要になります。開幕直後は連日この数字を下回りましたが、5月12日を最後にこの数字を割っていません。17万人という数字を叩き出した日もありました。102日目で累計入場者数1,000万人を達成し、このペースで行けば残り期間が最低ラインだったとしても、総入場者数は1,700万人を超えます。広告代理店などが必死で煽ったお陰ですね。

 その入場者数のうち5人に1人が全期間入場券によって何度も万博にやってきてる人だとか、最高で1人で91回入場した人がいるだとか、そんな細かいことは関係無いですものね。採算がとれるかどうかよりも、1,500万人を達成するかどうか、重要なのはそこですものね。

 でも、1,500万人という数字はやはり採算性を考慮して弾き出した数字なはずですよね。そのシミュレーションでは、全期間入場券の割合はどうなっているのでしょうか。それにしても1人で91回はやり過ぎです。しかも開幕から88日目のデータですから、1日何度も入場した日があるということになります。これはさすがに協会も想定外でしょうね。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET