mobile ver.

全ては愛知・名古屋のために
(2005-01-08)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

名古屋に関係無い話と思われるかも知れませんが...

 今回は台湾と韓国にまつわるお話です。一見、名古屋と何の関係も無いような話と思われるかもしれませんが、全ては名古屋のためなのかもしれない、というお話です。

 昨年末の12月27日、台湾の前総統である李登輝さん一家が来日しました。心臓病治療のために来日した2001(H13)年4月以来、3年8ヶ月ぶりのことです。今回は観光目的で、李さんが終戦を迎えた思い出の地である名古屋を起点として、名古屋、金沢、京都、滋賀を7 日間に渡って観光し、年明け今月2日の夕方、関西空港から台湾へと帰りました。

ふたつの中国

 台湾というのは国の名前ではありませんし、日本政府は国と認めていません。そのため今回のニュースでも「台湾へと帰国」という表現を使うことはできません。新聞やテレビでは「帰台」「帰着」といった不自然な言葉使いとなっています。国でないとするならば台湾とは何なのでしょうか。

 台湾は1945(S20)年の第二次世界大戦終戦まで日本が統治していました。その2年前、19 43(S18)年に開かれたカイロ会談では、台湾の主権は中国に返還することがアメリカ、イギリス、ソ連、中華民国の首脳で取り決められ、日本の敗戦と同時に台湾は「中華民国(中国)」の統治下となりました。台湾は中華民国の領土となったのです。

 ところがです。1946(S21)年に中国では中華民国政府(国民党)と中国人民解放軍(中国共産党)との内戦が激化し、次第に中華民国政府は弱体化していきます。そして1949(S 24)年には中国共産党が首都南京を制圧し、「中華人民共和国(現在の中国)」を建国するのです。残された中華民国の人々は台湾へと逃げました。中国共産党は当初、台湾へと追いかけようとしたのですが、朝鮮戦争によってそれどころではなくなり、中華民国の制圧は1951(S26)年に中止されました。それ以来、本土の中華人民共和国(今の中国)と台湾の中華民国(前の中国)は微妙な関係が続いているのです。

 中華人民共和国は台湾を自国の領土と主張しており、この「二つの中国」という状態を認めないように国際社会に訴えており、台湾を独立国家として扱うことに対して断固として反対します。そのため、今回李登輝前総統に対して日本がビザを発給したこと自体、台湾独立を容認するものだとして、北京で抗議デモが起きるほどのことなのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET