mobile ver.

事実?洗脳?名古屋ブーム
(2004-06-26)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

名古屋は視聴率を下げる!?

 10年前、今のこの状況を想像できたでしょうか。

 その当時、土曜日の夜に放送されていた「徳光のTVコロンブス」という番組で、名古屋が特集されたときのお話です。司会の徳光和夫さんは番組の冒頭にこんなことを言いました。

「北海道や福岡といった街と違い、雑誌でも名古屋を特集すると売れない。テレビでも名古屋を特集すると数字が下がる。今日はそんなジンクスを打ち破るべく、名古屋を特集します。」

 肝心の番組の内容はあまり記憶に無いのですが、確か名古屋港を遊覧する金鯱の形をした遊覧船や、独特な小豆文化、味噌料理、喫茶店のモーニングサービスなどを紹介していた気がします。その特集の内容よりも、私はこの徳光さんの言葉が頭から離れませんでした。それ以来、「全国の人は名古屋に興味が無い。」私はずっとその認識を持っていました。ただ唯一の例外は、全国ネットでたまに放送されていたドラマ「名古屋嫁入り物語」は視聴率も良く、独特な名古屋の風習については多少興味を持たれているのだろうな、といったところでした。

バブル崩壊で名古屋に注目?

 この「徳光のTVコロンブス」が放送されていた90年代初頭は、バブルが崩壊し始めた頃ですがまだバブル景気の余韻は残っていました。名古屋は全国のなかでも、バブルに踊らなかった田舎街です。地価もそれほど高騰せず地上げとはほとんど無縁で、急にビルやマンションが乱立したということもありません。もちろん全く無かったというわけではありませんが、トヨタ自動車をはじめとしてこの地方は産業が盛んで、バブルの真っ只中でも1銭単位でのコスト削減に努力してきました。そんな地味な名古屋を特集したところで、バブルの余韻が残っている世の中で注目されるはずが無かったのです。

 しかし時は流れ、それまで高級なフランス料理などを食べていたOLがもつ鍋を食べるようになり、世の中はどんどん地味な方向へと動いていきます。景況感は軒並みマイナス、赤字企業が増え、物価は下がり、デフレスパイラルに陥ります。ところが、トヨタ自動車は毎年利益を拡大し続けます。そのトヨタ自動車が牽引役となり名古屋の経済はプラスに転じます。それを狙い、家電やホームセンターにコンビニそして飲食チェーンなど、それまでは「よそ者を受け入れない」と敬遠されていた名古屋に他地区資本の企業が続々と進出してきたのです。「今、名古屋経済の恩恵に預からなくてどうする」といった勢いです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET