mobile ver.

儲からないことはやっぱり潔くやめる
(2006-01-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

とんかつからイタリアンへ...

 10回に渡ってお送りしてきました名古屋の外食産業シリーズ。最終回の今回は、名古屋に本拠を置く和食チェーンと、居酒屋チェーンを見て、最後に結論付けてみます。

 名古屋といえば味噌カツ。味噌カツのお店というとその発祥のお店でもある「矢場とん」を思い浮かべる方が多いと思うのですが、矢場とんは名古屋中心部に 3店舗、郊外に1店舗、そして東京銀座に1店舗を構えているのみで、いわゆるロードサイドの外食チェーンとは言いがたい存在です。ではまずは、名古屋でかつのロードサイド店といえばここと言われた、とんかつ知多家からご紹介するのですが...。

とんかつ知多家

 知多家は味噌カツもあるとんかつ店として愛知と岐阜に計15店舗を構えていたのですが、近年は店舗の閉鎖が相次いでいて、現在は8店舗という状態になってしまいました。しかし知多家自体が縮小しているわけではなく、なんと知多家はデザート、イタリアンレストラン部門に進出。「パステル」「パステルイタリアーノ」の展開を始め、東海3県に23店舗も出店しています。さらにそれを上回るペースで首都圏への出展を果たし、パステルは順調に店舗を増やしています。ずっと続けてきたとんかつ。でも儲からないのであればと見切りをつけて、それまでと全く業態の異なるイタリアンレストランにがらっと変えてしまうあたり、いかにも名古屋の企業です。潔ささえ感じます。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET