mobile ver.

高級なお肉もまわせば安い?
(2005-12-10)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

ステーキチェーン店といえばこのふたつ

 以前、あさくまとブロンコビリーという名古屋のステーキチェーンをファミレスという形でご紹介しましたが、名古屋には焼肉やステーキ専門のチェーン店が他にもあります。アメリカ産牛肉の輸入再開で牛肉が話題になっている今、名古屋でお肉を食べたい場合、どのチェーンがどのような特色があって、そして価格帯はどの程度なのかは店に入る前に知っておきたいところ。そこで今回は、牛肉を扱う名古屋の飲食チェーン店を見ていきます。まずはブロンコビリーとあさくまのおさらいから。

ブロンコビリー

 以前一度紹介しましたが改めて。ブロンコビリーは、静岡を含む東海4県に55店舗を出店しているステーキチェーン店です。看板メニューはブラックアンガス種にぶどうの粕を飼料として食べさせた「ぶどう牛」。オージービーフとは思えないやわらかさです。ポリフェノールの効果なのか、肉の赤い部分が紫がかっていてちょっとドキっとしますが、大丈夫です。確かにやわらかいのですけど、ちょっと脂がのりすぎな気がします。ですから、霜降りが好きな人なら口に合うかもしれません。ステーキはサラダバーとごはん、コーンスープがセットになっています。一番人気は、ぶどう牛ロースステーキ200グラムのセットで2,499円です。トイザらスみたいな価格設定ですねこれ。

あさくま

 東海地方を中心に、関東から九州まで34店舗を展開するステーキレストランです。サングラスをかけた強面の社長が名物です。サーロインステーキの200 グラムが単品で1,780円だったと記憶しています。ステーキソースやスープも絶品で、かつては名古屋でステーキといえばあさくまという時代が長く続いたのですが、近年は他のチェーン店に押されているのか消え行く店舗も目に付きます。低価格ファミレスをやってみたり、高級イタリア料理をやってみたりと新しいことにチャレンジするあさくまは、この度、万博のドイツレストランを名東区藤が丘でオープンすることとなりました。ステーキ専門店でありながら、ステーキ以外にも手を出すというのは、やはり高級ステーキだけでは今のご時世難しいのでしょうか。高級感があるにもかかわらず、敷居が高くないというのがあさくまの持ち味なのですけどね。ランチがおすすめ。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET