mobile ver.

M&Aそしてリストラ
(2005-11-19)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

最初は喫茶店の延長線上だった

キャッツカフェ

 名古屋を本拠とするファミリーレストランチェーンのなかで、独特な空気感を放っているのが「キャッツカフェ」です。90年代初頭は「カジュアルレストラン・キャッツカフェ」と名乗っていて、ケーキやパフェなどデザートが中心の少し広めの喫茶店といった雰囲気で、小牧や長久手などの郊外に出店をしていました。名前のとおり店内には猫の置物がたくさん配され、それは女性社長の趣味であると当時雑誌などで紹介されていました。当時のキャッツカフェを知る人のなかには、「まだキャッツカフェってあったの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。当時あったキャッツカフェは今、ほとんど姿を消しています。

 一体キャッツカフェに何があったのでしょうか。このキャッツカフェもやはりあの名古屋ファミレス戦国時代に転換期を迎えます。キャッツカフェは「大き目の喫茶店」からいわゆる「ファミレス」へと脱皮を図ります。尾張旭や豊田、多治見などにそれまでよりも大きなお店を展開し、メニューも食事を中心としたものとなり、それまででは考えられなかった和食までもが登場するようになりました。既にこの時迷走は始まっていたのかもしれません。

 キャッツカフェには直営店とフランチャイズ店があり、この変革が始まった際には、店によってメニューが違うといった事態になりました。そしてある日その迷走が決定的なものとなりました。

 2002(H14)年4月、キャッツは経営陣が保有株を一部手放し、第三者割当増資を行います。それを一手に引き受けたのが、当時波に乗っていたフランチャイズ支援企業、ベンチャーリンクです。ベンチャーリンクのキャッツに対する出資比率は6割となりました。当時キャッツはキャッツカフェを直営で38店展開していたのですが、この買収により半分近くがレインズインターナショナルの「とりでん」や、タスコシステムの「暖中」に姿を変えることになるのです。当時は、ベンチャーリンクがさらにキャッツカフェをFC展開し、株式公開を目指していたのですが...。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET