mobile ver.

儲からないなら辞めちゃう!その潔さ
(2005-11-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

名古屋のファミレスといえばかつては...

 名古屋のファミリーレストラン事情の5回目です。今回からは、名古屋を地盤とするファミリーレストランチェーンを見ていきますが、そのほとんどが無くなってしまったか、時代に翻弄され苦難の道を歩んでいます。無くなってしまったあのファミレスの会社は今どうなっているのでしょうか。

地中海

 関東から九州まで95店舗を展開する「しゃぶしゃぶの木曽路」。木曽路は居酒屋の「素材屋」、イタリア料理の「ステラコーレ」なども展開し、2000 (H12)年には東証1部上場を果たしているのですが、撤退した事業があります。木曽路はかつて「地中海」という名のファミリーレストランを手がけていました。十数年前まではテレビCMを頻繁に流すほどで、名古屋で「地中海」の名を知らない人はいない程でした。

 私が勝手に名づけましたが、サイゼリヤやガストが名古屋に猛攻をかけた90年代後半の「名古屋ファミレス戦国時代」に、この地中海も迷走してしまいます。地中海はその名に反し、特に地中海料理にこだわったレストランだったという記憶はありません。ただ、高級なイメージはありました。しかしバブル崩壊とともに客足が遠のいてしまったのか、90年代半ばになると急に低価格路線に転向。スペースに余裕のある店だっただけにサラダバーやスープバーを導入しました。

 そしてドリンクバーを導入した他チェーンに対抗するためにドリンクの飲み放題を導入するのですが、これがあろうことかオーダーバイキング方式を採ったのです。飲み放題にもかかわらず、いちいちウェイトレスがジュースを運ぶのです。客が自らドリンクを取りに行くドリンクバー形式にするのであれば、飲み放題にしても人件費が浮く利点がありますが、オーダーバイキングでは人件費が増大するばかりだったでしょう。

 1997(H9)年の秋には、地中海は低価格路線を辞め高級志向に再び戻ります。木曽路グループであることを全面に押し出し、しゃぶしゃぶの肉を流用することで和牛ハンバーグを目玉としました。しかし時は既に遅し。一度ついてしまった低価格化のイメージを払拭することはできず、この後、木曽路は地中海というファミレス業態を捨てることになります。

 その後の木曽路グループは、ファミレスを切るという英断が功を奏し、東証1部上場を果たし、現在は居酒屋業態の素材屋も東京から大阪まで60店舗を展開するまでに大きくなりました。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET