mobile ver.

名古屋のファミレス事情を分析
(2005-10-08)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

ファミレスには意外と地域性があるんです

「いらっしゃいませ!デニーズへようこそ」

 街道沿いに大きな駐車場が用意され、子ども連れだろうが、カップルだろうが、そして一人でも気兼ねなく入ることができるファミリーレストラン。入店するとすぐに元気なウェイトレスの声が耳に入ります。ファミリーレストラン、略してファミレス。大きな工場であらかじめ料理を作り、それを各店に配送するというセントラルキッチン方式で、どこのお店でも同じ味が食べられるチェーンが多く、デニーズ、すかいらーく、ロイヤルホストなどが思い浮かびます。

 しかしです。全国どこでも同じ味が食べられるわけではありません。首都圏や名古屋に住んでいると、デニーズをファミレスの代名詞として思い浮かべてしまう人がいると思います。実は私もかつてはそうでした。ところが調べてみるとこのデニーズ、福島県から兵庫県にかけてのわずか16府県にしか出店していないのです。一見、全国画一かのような錯覚に陥るファミレス。実は地域によって特色があるのです。

 ファミレス御三家といわれる「デニーズ」「すかいらーく」「ロイヤルホスト」。これらはもちろん名古屋にも古くからあります。デニーズは1974 (S49)年神奈川県横浜市に1号店を、すかいらーくは1970(S45)年東京都府中市に1号店を、そしてロイヤルホストは1971(S46)年福岡市に1号店を構え、すかいらーくとロイヤルホストは全国展開をしています。現在、デニーズは578店舗、すかいらーくグループは702店舗、ロイヤルホストは332店舗あり、展開エリアが狭いにもかかわらず、デニーズの店舗の多さが目に付きます。

写真
▲かつては六角形の看板が当然だったデニーズ。

どんどん店舗が増えていったバブルの頃...

 デニーズは昔から名古屋地区に力を入れていて、かつては名古屋メニューを積極的に採用していました。今では信じられませんが、デニーズのメニューに味噌煮込みうどんがあった時代もあるのです。しかし、名古屋を狙っていたのはもちろんデニーズだけではありません。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET