mobile ver.

さようならユニー&こんにちは中途半端なピアゴ
(2009-01-29)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 ヤマナカ、フィール、カネスエ、ナフコチェーン、ヨシヅヤ。地元発祥のスーパーは数あれど、名古屋っ子にとって、古くから最も馴染み深い大きなスーパーといえばやっぱり「ユニー」。

 その「ユニー」の名が、店舗名としては間もなく姿を消すことになりました。株式会社ユニーは昨年8月、グループ会社の株式会社ユーストアを吸収合併。ユニーとユーストアが同じ会社になったことでより合理化を図り、さらにイメージを一新するため、大型ショッピングセンター「アピタ」を除いて、全ての店名を「ピアゴ」に統一すると12月に発表があったのです。

 全店舗の店名変更はまだ来月の予定なのですが、先駆けとして「ピアゴ」1号店がオープンしたと聞き、さっそく行ってきました。しかし...統一するという意気込みとは裏腹に、思わず「そんな中途半端な戦略で大丈夫?」と思わされることになります。

写真

ピアゴ1号店はあのユニーの跡地に

 ピアゴ1号店がオープンしたのは、ユニー柴田店の跡地です。1970(S45)年6月20日から一昨年の2月まで、ここに37年近くに渡って存在していたユニー柴田店は、いかにも昔ながらのユニーという面影を残していて、懐かしさが漂っていました。

 私はまだサラリーマンをしていた頃、営業活動中に車でこのユニーの前を通ると、思わず車を止めて、フードコートで食事をしたりしたものです。その時間だけは、まるで幼い頃にタイムスリップしたかのようで、ちょっとしたストレス解消になったのでした。

写真

 久しぶりに訪れると、6階建てくらいあった懐かしい柴田店の面影は、今や全く無くなっており、想像どおり平屋の建物が建っていました。そしてそこには見慣れぬ「ピアゴ」の文字。半円と円のユニーのマークから、ピアゴへ...。

 先述のとおり、それはこの柴田店に限ったことではなく、今後全ての店舗からユニーのマークが消えることになるのです。

写真

で、実際何が無くなるの?

 現在、株式会社ユニーには、複数の業態・店舗ブランドがあります。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(20)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET