mobile ver.

まさに常にタイムリー...コンビニエンスストア・タイムリー
(2008-10-31)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 かつて、岐阜県へスキーやスノーボードへ出かける人にとっては、その姿を見ただけでシーズンの訪れを感じるとまで言わせ、まさに岐阜県北部・飛騨地域の象徴でもあったコンビニエンスストア「タイムリー」が、この11月1日をもって消滅することとなりました。

 どこよりも早くバリアフリーのトイレを設置し、大手よりも先にコンビニATMを店舗敷地内に配し、三角屋根で犬のマークがデカデカとあしらわれた印象的なコンビニ「タイムリー」。一時期は、名古屋のテレビでCMを流し「ひょっとしてココストアとタメ張れる?」とまで思わせたあのコンビニが消えます。

 ひとつの時代が終わります。

写真

東海の独特なコンビニ事情

 名古屋を中心とする東海地方では、昔からコンビニといえばユニー系列の「サークルK」が大きな力を持っていました。その状態は今も続いています。また、日本初のコンビニを自称する「ココストア」もあり、そのため他の全国チェーンはなかなか進出を果たせませんでした。

 今では比較的多く感じるローソンも、1978(S53)年という早い時期に名古屋へと進出していたサンチェーンと合併したからであり、ローソンが自力で一から名古屋を開拓したわけではありません。

 あのコンビニ業界のガリバーであるセブンイレブンでさえ、愛知県に1号店を出したのは2002(H14)年のこと。岐阜県進出は2005(H17)年と、わずか3年前のこと。

 そんな特殊なコンビニ事情のあるこの地方で、長らくローカルコンビニの雄として存在し続けたのが「タイムリー」でした。

写真

出店時期と地域はタイムリー

 タイムリーが誕生したのは1984(H59)年。岐阜県高山市に1号店をオープンしました。この時期、名古屋には既にサークルKやサンチェーンが多店舗展開を行っていたものの、飛騨地域にはコンビニはなく、独占状態でした。まさに飛騨においてはタイムリーな出店だったわけです。

 独占状態にもかかわらず、先述のとおりトイレやイートインコーナーなど時代を先取りした構成となっており、飛騨でコンビニといえば、三角屋根とセントバーナードの「ベンリー君」の「タイムリー」という状態が長く続きました。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET