mobile ver.

東京の魔法は名古屋では効かない−Suica
(2007-07-28)

< ページ移動: 1 2 3 >

 名古屋でもサービスが始まって半年が経つ、非接触自動改札システム。名古屋では現在、JR東海が「toica(トイカ)」を一部区間に導入しているのみですが、私もJRの電車に乗る際には利用していて、ICカードを財布やパスケースに入れたまま改札にかざすだけで「ピ」と即座に開いて通行することができ、わざわざ切符や磁気カードを左手から右手に持ち替えないといけない、左利きの私にとっては飛躍的に改札が使いやすくなりました。

 トッピーネット「NAGOYA NOW」では、昨年導入前に行われた、toicaのモニターテストについて記事を書きましたので、経緯についてはそちらをご覧頂きたいと思います。

 さて、私は先日東京へ行ってきたのですが、名古屋との差に愕然としました。現代日本、東京はただ人が多く住んでる都会なだけで、名古屋と規模が違う程度、 利便性や暮らしの環境にそれほど差は無い思っていました。しかし今回、東京と名古屋の違いをまざまざと見せ付けられました。まるで東京は魔法の国のようでした。

写真

 名古屋で昨年始まった非接触自動改札システムですが、当然、東京や大阪ではそれより前から導入されています。首都圏では2001(H13)年11月にJR東日本が「Suica(スイカ)」を、関西圏ではJR西日本が「ICOCA(イコカ)」を2003(H15)年11月から導入しています。この時点で名古屋は首都圏や関西圏に4〜6年の遅れをとっていることになります。

 さらに、関西では私鉄が「PiTaPa(ピタパ)」を2004(H16)年8月にスタートし、首都圏でも私鉄とバスが「PASMO(パスモ)」を2007(H19)年3月にスタートさせ、さらにはSuicaとICOCA間、ICOCAとPiTaPa間、SuicaとPASMO間の相互利用が始まっています。

 つまり簡単に言うと、Suicaを持っていれば首都圏のJR、私鉄、バスと関西のJRに乗ることができ、ICOCAを持っていれば関西と首都圏のJRと関西の私鉄を非接触で乗ることができてしまうということです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(23)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET