mobile ver.

夢の空港アクセスを荒波が襲う−津なぎさまち
(2007-05-27)

< ページ移動: 1 2 3 >

 今回は、津の新しい玄関となったスポットをご紹介します。2年前の2005(H17)年2月に開港した「津なぎさまち」です。

 津なぎさまちは、同じく2年前に開港した中部国際空港(セントレア)と、津をわずか40分の高速船で結び、三重県の人々の旅行の形態を変え、三重県への観光の形も大きく変える可能性を持つということで、大きな期待を背負った港として誕生しました。しかし今、その期待とは裏腹に、暗雲がたちこめようとしています。津なぎさまちを取り囲む環境は、この2年間で期待から不安へと変わろうとしています。一体何が変貌したというのでしょうか。

写真

 津はその昔、安濃の港という意味で「安濃津」と呼ばれ、その安濃津の「津」が現在の津の地名の由来となっています。しかし1498(明応7)年、東海地方を襲った明応大地震によって津は港の機能を失ってしまいました。ちなみにこの時、浜名湖は海と繋がってしまいました。それほどまでにこの地方に大きな影響を与えた地震だったのです。それから600年以上が経ち、伊勢湾を挟んで津の対岸に中部国際空港(セントレア)が建設されることとなり、その空港と津を船で結ぶ玄関として、国、三重県、津市が連携し、「津なぎさまち」を誕生させたのです。

 津なぎさまちとセントレアを結ぶのは「津エアポートライン」の高速船「フェニックス」と「カトレア」。1時間ごとに1日15往復運航されています。運賃は大人が1,890円、小人が950円(片道)となっていて、所要時間は40分。車や鉄道で行くのと比べて格段に速く、加えてこれまでの名古屋空港へ行く所要時間を考えると、この40分というのは驚異的で「津が世界と繋がった」という、当時言われた表現は決して大げさではありませんでした。実際に愛知県内の内陸にある街よりも、津のほうがアクセスが良いという状態になったのです。

写真

 津なぎさまちは無料駐車場を完備しており、また、周囲は海水浴場という環境のとても良いところで、さらになぎさまちには、イタリアンレストランや喫茶店、レンタカーショップに日本料理店、バー、カフェ、そして貸しホールまでが備えられており、まさしく新しいひとつの「街」としてスタートを切ったのです。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET