mobile ver.

新しいサンドラッグと消えるサンドラッグ
(2006-11-09)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 コンビニエンスストア最大手のセブンイレブンでさえ、名古屋に進出したのはわずか4年前のこと。名古屋のコンビニ業界は、それまで地元資本のチェーン店が牛耳っていました。ローソンは、その地元資本チェーンのひとつを買収して名古屋への進出を果たしたくらいです。このように名古屋の流通小売業はこれまで、名古屋以外からの進出を阻み続け、地元資本の会社が大きな顔をしていました。今回取り上げるドラッグストア業界も例外ではありません。全国ネットの番組のテレビCMで「マツモトキヨシ〜」というサウンドロゴを聞くことはできても、マツモトキヨシは名古屋に一昨年前まで存在しませんでした。岐阜、三重の両県に進出したのが2003(H15)年、愛知県に進出したのが2004(H16)年3月のことです。

 名古屋でドラッグストアと言えば、スギ薬局、スギヤマ薬品、ヘルスバンク、白沢ドラッグ、B&Dドラッグストア、カルナドラッグストア、クスリの清水、ドラッグユタカ、そしてサンドラッグ...。名古屋っ子であれば、これらの名前はどれも聞き覚えがあるのではないでしょうか。今回はそのなかで「サンドラッグ」を取り上げます。

 サンドラッグといえば、スーパー「バロー」のグループで、深緑色の看板に太陽のマークを掲げた店舗を思い浮かべる方が名古屋では大半だと思います。しかし最近名古屋周辺には、真っ赤な壁に白い文字で「サンドラッグ」と書かれたドラッグストアが急激に増えつつあります。全く同じ名前です。先発であるはずのバローのサンドラッグは怒るのかと思いきや正反対で、こちらは次々と「V+drug」に店名を変更しつつあります。一体何が起きているのでしょうか。

写真

 バローグループの「サン・DRUG store」は、1984(S59)年2月に設立された会社で、当初は恵那店、南土岐店、長森店の3店舗体制でした。サンドラッグは店舗名で、会社名は「中部薬品株式会社」です。現在も会社名は変わっていません。名古屋へ進出したのは1990(H2)年のことです。バローが愛知県下に進出を加速するのと同じように、1992(H4)年からサンドラッグは毎年ものすごい勢いで店舗を増やしていきました。バローの出店戦略は広域化かつ高密度化。サンドラッグは現在、岐阜、愛知、三重と北陸に104店舗体制になっています。高密度化であったが故に、出店地域ではバローといえばサンドラッグ、サンドラッグといえばバローというイメージが出来上がっていました。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(12)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET