mobile ver.

TOICA(トイカ)モニターレポート−本当にスムーズ!?
(2006-10-18)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 先日の記事で、JR東海の非接触自動改札システム「TOICA(トイカ)」について簡単にお伝えしましたが、今回はモニターの方の協力を得て、実際に同行してJRを利用してみました。モニター募集から実際の使用感、そして将来の展望をお送りします。

 9月30日より、JR東海道線の岐阜−刈谷間、そして中央線の名古屋−春日井間のうち22駅の改札に「IC」と書かれたものがお目見えしました。予めお金を入金(チャージ)しておいたTOICAのICカードをこの部分にかざすだけで、電車の乗車料金が自動的に清算され、改札を通ることができるシステムです。これまでのように切符を買う必要も無く、またカードを改札機に挿入する必要も無いどころか、財布から出さずとも財布をかざすだけで精算が終了するというものです。

写真

 本運用は11月25日からを予定していて、現在は約800人を対象としたモニターテストが行われています。私自身はモニターでは無いのですが、モニターに当選された方に同行取材をする機会に恵まれました。

 モニター募集が行われたのは今年の7月25日から8月18日。その間に募集人員の10倍にあたる約8,000人への応募があったとのことです。当選者にいきなりICカードが送られてきたわけではなく、最初は「当選通知書」と「モニター同意書」、そして「TOICAご利用案内」の冊子が送られてきました。その同意書にサインをして9月20日までに返送した人に、今度は配達記録郵便でTOICAのカード現物が送られてきました。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(26)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET