mobile ver.

バブルの虚無感が味わえるパワードーム半田
(2006-10-17)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 以前、家電量販店エディオングループの店舗再編のお話をしました。まずはそれを振り返ってみます。エディオンは「デオデオ」「ミドリ」「エイデン」からなる家電量販店持ち株会社で、デオデオは中四国および九州、エイデンは中部、そしてミドリ電化は近畿と、エリアを分けてそれぞれ店舗を展開しています。しかし、エディオングループに入る前からミドリ電化は中部地方に進出しており、中部地方ではエイデンとミドリが共存している状態となっていました。

写真

 今年7月末エディオンは、中部地区のミドリ店舗をエイデンに事業譲渡すると発表しました。対象は愛知県が扶桑、東浦、半田、安城、豊田、岡崎、名古屋みなと、岐阜県が可児、真正、三重県が鈴鹿、津南の以上11店舗。三重県の上野と名張は大阪のベッドタウンという地域特性からミドリのままとなりました。現状、既に多くの店舗がエイデンに生まれ変わっているのですが、10月9日閉店の半田店に閉店直前に行ってきました。

写真

 半田店はミドリが単独で店舗を出店しているわけではなく、ショッピングセンター「パワードーム半田」のなかにテナントとして入っているのですが、どうも様子が変なのです。どう見ても今の時代に不釣合いなオブジェや、何のためにあるのかわからない、どこが管理しているのかわからない無駄なスペースがあるのです。中央はドーム状になっていて豪華な作りの割に、各フロアの天井が低いのです。同行した事情通の方に疑問をぶつけてみたところ「気づきました?」と、彼は思惑が当たったかのような笑みを浮かべました。

写真

 パワードーム半田は、バブル時代の遺構だったのです。話を伺うと、そこは生きている廃墟、いや、生き返った廃墟という言葉がピッタリの場所だということがわかりました。大手を振って中に入ることができる廃墟とでも言いましょうか。今回はそんなパワードーム半田をレポートします。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(28)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET