mobile ver.

次々と失われているエイデンの"らしさ"
(2006-09-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 かつて名古屋には、家電量販店と言えば誰しもが「エイデン」と答えた時代がありました。その当時、名古屋っ子は電化製品を迷うことなくエイデンで買うのが当たり前で、結婚などで新居を構える際には、エイデンで電化製品一式を揃えるというのが一般的な名古屋っ子のスタイルでした。紅白の幕で覆われたエイデンの軽トラックが、真新しい電化製品一式を運んでいる姿を昔はよく見かけたものでした。

 ある年齢以上の名古屋っ子であれば、エイデンというよりも「栄電社」と言ったほうが親しみがあるかもしれません。栄電社はその後CIを導入し、アルファベットの斜体で書かれた「EIDEN」となり、赤を基調とした店舗デザインになりました。ところがここ最近、お気づきでしょうか。エイデンはこれまでのイメージからガラリと変わり、青と黄色を主体とした店舗にデザインを変えつつあります。「EIDEN」の文字も斜体ではなくなり、横長のものとなりました。そしてこの夏、東海地方各地にあったミドリ電化の店舗が、エイデンに事業譲渡されつつあります。一体エイデンに何が起こっているのか。今回は名古屋を代表する家電量販店、エイデンの昔と今を見てみます。

写真

 エイデンの創業は1948(S23)年です。個人商店としてスタートを切っています。その後株式会社栄電社となり、1965(S40)年からチェーン展開を始めました。当時のキャッチフレーズは「音と光の栄電社」。「栄」の文字の周りが光り輝いているようなマークでした。その栄電社の名が急速に知れ渡るきっかけとなったのが、1977(S52)年に始まったテレビショッピングです。木琴の独特な音楽とともに電化製品が紹介され、月賦で購入することも可能でした。特に、テレビ愛知で夕方に放送されていたアニメの再放送では、毎日必ずテレビショッピングが流されました。まだ家電製品のテレビショッピングが目新しかった時代です。栄電社はこの頃既に「エイデン」という略称を使うようになっていたのですが、現在のように「エ」にアクセントを付ける呼び方ではなく、当時は「デン」にアクセントを付けており、まさに「栄電」でした。今聞くとものすごく違和感があります。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(23)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET